メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

初音ミク、はるかなるN次創作の系譜〜奇跡の3カ月(15)

シンデレラや源氏物語伝承からつながるもの

丹治吉順 朝日新聞記者

原曲をバンドアレンジ→さらにアニメ化の流れも

音楽分野では、原曲をアレンジし、それがさらにアニメになるという多段階の流れも生み始めた。10月16日に「みくみくにしてあげるをアニソン風バンドアレンジにしてみた【修正版】」が投稿される。「修正版」とあるように、それ以前に投稿したものがあるはずだが、現在は視聴できなくなっている。

みくみくにしてあげるをアニソン風バンドアレンジにしてみた【修正版】

これを基にして、フラッシュアニメ化したものが11月2日に投稿された。

Flashでみくみくにしてあげる♪

このアニソン風バンドアレンジの「修正版」は52秒と未完成で、フルバージョンが12月3日に投稿される。サムネイルからわかるとおり、公式ビジュアルを用いた前バージョンからイラストが一新されている。このように、イラストを描く人たちも続々と初音ミクのイラスト化に参入してきた(この回の末尾参照)。

みくみくにしてあげるをアニソン風バンドアレンジにしてみた【FULL ver】

この「フルバージョン」は、オフボーカル版(ボーカル部分を除いた、いわゆるカラオケ的な音源)も配布していた。2008年の3月、このオフボーカル版もまた新しいアニメの基になった。とどまるところを知らない流れになっている。

お前ら全員みっくみくにしてやるよ

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

丹治吉順

丹治吉順(たんじよしのぶ) 朝日新聞記者

1987年入社。東京・西部本社学芸部、アエラ編集部、ASAHIパソコン編集部、be編集部などを経て、現在、オピニオン編集部・論座編集部。機能不全家庭(児童虐待)、ITを主に取材。「文化・暮らし・若者」と「技術」の関係に関心を持つ。現在追跡中の主な技術ジャンルは、AI、VR/AR、5Gなど。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

丹治吉順の記事

もっと見る