メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

眞子さま・小室圭さんのご結婚に口を出したくなるのは「自分事」だから!?

野菜さらだ コラムニスト/言語聴覚士

「勝手にしたら」結婚と「自分事」の結婚

小室圭さん(左から3人目)=2021年9月27日20210927拡大髪形から一挙一動まで注目されるようになった小室圭さん=2021年9月27日

 前回、論座でも「お家が大事という価値観が見え隠れする」ということは論じたが、特にこの価値観は、そのことが「自分事」になると、より一層強くなる。

 例えば、もし、自分が嫌いな誰かの娘さん、あるいはそれほど縁もない人──要するに“赤の他人”ということだ──の娘さんの結婚だったらどうだろう。自分が嫌いな人、縁がそれほどない人の、ましてやその娘さんが誰と結婚しようと、正直「勝手にしたらいいんじゃない?」と思うのではないだろうか。

 それでは、我が娘、あるいは我が孫娘の結婚相手となったらどうであろう。赤の他人の娘さんに抱くのとは全く違う感情がむくむくと沸き起こってきはしないだろうか。「その人、何歳? どこで知り合ったの? どんな仕事している人? で、親御さんは何している人? ご兄弟は?……」と当人はもとより、相手の親兄弟までも「どんな人か」知らないではいられなくなるだろう。

 「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し」と日本国憲法第24条で定められていたとしても、「気になるものは気になる」というのが正直な気持ちだろう。

 なぜか? 答えはシンプルだ。

・・・ログインして読む
(残り:約1726文字/本文:約2998文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

野菜さらだ

野菜さらだ(やさいさらだ) コラムニスト/言語聴覚士

本名・三田地真実(星槎大学大学院教育学研究科教授) 教員、言語聴覚士として勤務後、渡米。米国オレゴン大学教育学部博士課程修了(Ph.D.)。専門は応用行動分析学・ファシリテーション論。2016年からオンライン会議システムを使ったワークショップや授業を精力的に行っている。著書に『保護者と先生のための応用行動分析入門ハンドブック』など。教育雑誌連載と連動した 「教職いろはがるた」の動画配信中!

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

野菜さらだの記事

もっと見る