メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「買い物難民」の労苦をなくすために、大流通資本は小型スーパーの出店を

「大店立地法」施行から21年、当事者としての固有の義務

杉田聡 帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)

 古代ギリシャ時代、アリストファネスが書いた喜劇『女の議会』は有名である。戦争に明け暮れる男たちに対し、妻たちがストライキを起こす話である。一方、日本では今でも国会は「男の議会」である。閣議もまた然り。

 日常の買い物で苦労する人たち──多くは高齢者、なかでも女性──のことなど、ほとんど政治的な課題と意識されないのは、こうした事実にもよるのであろう。

河野太郎総裁選候補の視察

 それだけに、自民党総裁選にからみ、河野太郎氏が都心の移動スーパーを訪れて「買い物難民」層の視察をしたという報道は新鮮に感じられた。

 同問題にことよせつつ「デジタル化」推進を目指そうとする様子がかいま見られたが、近年、買い物難民層の困難などほとんど論じられない状況下で、これに焦点をあてた事実は評価できよう。

移動スーパーを視察後に取材に応じる河野太郎行政改革相(中央)と小泉進次郎環境相(左)=2021年9月27日午前、東京都新宿区拡大移動スーパーを視察した河野太郎行政改革相(中央、当時)。左は小泉進次郎環境相(当時)=2021年9月27日、東京都新宿区

 私はその後の自民党新政権の施政方針、総選挙に向けた与野党の政策提言等を注視しているが、河野氏の問題提起は満足に顧みられていないようである。新政権は河野氏を入閣させず、氏の問題提起は宙に浮いた形である。弱者に寄りそう姿勢を示す野党の中にも、問題提起を真剣に受けとめる様子は見られない。

生まれ続ける買い物難民層

 現状を思えば、これはとうてい理解しがたい事態である。

 商店街の衰退は1980~90年代から見られたが、大型店の出店をフリーハンドで認めた「大規模小売店舗立地法」施行(2000年)以降は、その傾向ははるかに強まった。既存の商店(街)は壊滅的な影響を受けたが(杉田『「買い物難民」をなくせ!──消える商店街、孤立する高齢者』中公新書ラクレ、2013年、24頁)、同時にスーパーが(時には大型店さえ)競争に負けて撤退する傾向も見られるようになった。

 2010年代から言われていたことだが(『週刊東洋経済』2010/3/13号、特集「百貨店・スーパー大閉鎖時代!」、『週刊ダイヤモンド』2012/6/16号、特集「セブン・イオン二強が大攻勢『最後の流通再編』」)、スーパーの再編はかなりの規模で進行したようである。

図4および図8は和歌山県田辺市(2003
年12月撮影
拡大和歌山県田辺市で=2003年12月、撮影・筆者

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

杉田聡

杉田聡(すぎた・さとし) 帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)

1953年生まれ。帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)。著書に、『福沢諭吉と帝国主義イデオロギー』(花伝社)、『逃げられない性犯罪被害者——無謀な最高裁判決』(編著、青弓社)、『レイプの政治学——レイプ神話と「性=人格原則」』(明石書店)、『AV神話——アダルトビデオをまねてはいけない』(大月書店)、『男権主義的セクシュアリティ——ポルノ・買売春擁護論批判』(青木書店)、『天は人の下に人を造る——「福沢諭吉神話」を超えて』(インパクト出版会)、『カント哲学と現代——疎外・啓蒙・正義・環境・ジェンダー』(行路社)、『「3・11」後の技術と人間——技術的理性への問い』(世界思想社)、『「買い物難民」をなくせ!——消える商店街、孤立する高齢者』(中公新書ラクレ)、など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

杉田聡の記事

もっと見る