メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

小劇場ブームはバブルの「夢」ではなかった

1980年代の「ブーム」を振り返って【下】

横内謙介 劇作家・演出家・劇団扉座主宰

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

横内謙介

横内謙介(よこうち・けんすけ) 劇作家・演出家・劇団扉座主宰

1961年生まれ。早稲田大学在学中の82年に神奈川県内の高校演劇部OBを中心に劇団善人会議(現・扉座)を旗揚げ。劇団活動のほか、『八犬伝』『オグリ』などのスーパー歌舞伎、ミュージカル、大劇場演劇など多彩な戯曲を手掛けている。92年『愚者には見えないラマンチャの王様の裸』で岸田國士戯曲賞、99年『新・三国志』で優れた新作歌舞伎の脚本に贈られる大谷賞を受賞。近作に21年6月歌舞伎座『日蓮』(構成・脚本・演出)など。厚木市文化振興財団の芸術監督も務める。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

横内謙介の記事

もっと見る