メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

夏から秋へ――震災から10年の福島で

海を隠し町を守る「緑地」を眺め、「官製」の賑わいを思う

高木 達 劇作家・脚本家・演出家

 東日本大震災後に、首都圏から故郷の福島県いわき市に戻った劇作家・演出家が、津波被害にあった海辺でくらし、原発事故を身近に感じながら、思いをつづります。五輪の喧騒を遠くに聞きながら過ごした、コロナ禍の中の2021年の夏から秋へ――。

早朝、防災緑地帯を眺めながら歩く

 夢をみた、リアルな。

 リアルと言っても、具体的な場所や実在する親類知人、過去に経験した状況がそのまま現れるのではない。そう、今まで居たような場所、会ったような人物、人生で過ぎ去ったいくつもの場所が、関わった何人もの人物が、重なり合って登場する夢だ。だから、感覚的にリアルなのだ。

 なぜか中年の男性の世話になろうとしている。勿論、僕は自分が見えない。心細さが体温のように感じられるのは夢の中に存在しているからだ。男性は大きな藪を指さす、その下の空洞に寝ろと言う。本当の居場所に戻って眠りたいと尻込みする僕。でも、本当の居場所、帰るべき場所がわからない。男性は僕の心細さを見透かしたように言う、送ろうか。

 こうして僕たちは藪を出るのだが、驚いたことに、そこは古い家屋が建ち並ぶ住宅街の真ん中だ。家並みの向こうには今立っている道と平行に通りが見える。通りに沿った住宅の連なりも同じ風景だ。その後ろにも同じような通りと家の連なり。それが幾重にもサンドイッチのように重なって見える。どこへ向かったらいいのか。尋ねようと振り返るが、いつの間にか男性はいない。

福島県いわき市内でも津波被害が大きかった豊間地区の防災緑地。正面奥に見えるのが塩屋埼灯台=2021年2月撮影拡大
 ぷかりと現実世界に浮かび上がった。久之浜の自宅の寝室だ、外はまだ暗い。ざわつく心を鎮めようと散歩に出た。防潮堤沿いの緑地帯を歩いてから町に下り、古めかしい家々が軒を寄せる裏通りのコースだ。

 波音に包まれながら緑地帯の遊歩道を歩く。左側の下には真新しい防潮堤が海岸線に沿って伸びている。砂浜を洗う穏やかな夏の海。雲間から覗く太陽はまだ弱々しい。右側には久之浜の町が広がっているのだが、緑地帯の樹木に遮られて見えない。

 東日本大震災の津波は堤防沿いの家々を破壊し、大火が堤防から町の大通りまでの広域を焼き尽くした。

 その後、震災復興土地区画整理事業が始まり、瓦礫を撤去した更地に盛土をして樹木を植え、防災緑地が造成された。

 岬下の河口から町はずれまで延々と続く緑の丘だ。海を隠し、町を守る高い城壁だ。

 緑地帯は堤防沿いの区画を埋めて造られている。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

高木 達

高木 達(たかぎ・とおる) 劇作家・脚本家・演出家

1950年福島県いわき市生まれ。劇団青年座所属。NHK-FMのオーディオドラマ『風の家』(1989年度イタリア放送協会賞)の脚本なども手掛ける。ストレートプレイからミュージカル、オペラと幅広い舞台を演出する。一般社団法人チームスマイル・いわきPIT劇場監督を務めながら、放射能汚染の現実を全国へ発信している。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

高木 達の記事

もっと見る