メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

真琴つばさインタビュー(上)

花組月組生誕100周年の祝祭に組のメンバーが集まる

橘涼香 演劇ライター


 1914年に誕生した宝塚歌劇団。女性だけの少女歌劇団として公演がスタートしてから7年。公演数増加と歌劇団生の増加に応えて、全体を二チームに分ける組が誕生したことが、今日東西の多くの劇場での公演を可能とする、宝塚歌劇団の在り方のそもそもの出発点となった。

 その最初に生まれた二つの組、花組と月組の誕生から今年、2021年に100周年を迎えることを寿いで、花組、月組の歴史を築いてきたレジェンド、時代を彩ったスターたちが集う祝祭公演、宝塚歌劇 花組 月組 100th Aanniversary『Greatest Moment』が、梅田芸術劇場メインホール(11月3日~7日)と東京国際フォーラムホールC(11月13日~22日)で上演される。

 舞台には時代を越えて両組で輝いたスターたちが集結。懐かしい歌や場面の再現、さらに宝塚OGたちで作る新たなショーシーンなど、「花月・月組All」「花組バージョンA、B」「月組バージョンA、B」と様々な組み合わせとパターンの公演が実現。100年の偉業をたたえるスペシャルなステージが展開される。

 そんな舞台にレギュラーメンバーとして参加する、花組で若手時代を過ごし、月組でトップスターとして花開いた真琴つばさが、公演への思い、月組トップスター時代の思い出、また宝塚OGだから描ける新たな世界の可能性を語ってくれた。

組単位での公演は在団中以来はじめてのこと

真琴つばさ=衣裳/HIROKO BIS拡大真琴つばさ=衣裳/HIROKO BIS

──花組、月組生誕100年を寿ぐアニバーサリーコンサートということですが、いまお話いただける範囲でどのような内容になっていくのか教えていただけますか?色々なパターンもあると伺っておりますが。

 宝塚歌劇が100周年を迎えました前後から、こうして私達OGが集って宝塚の懐かしい主題歌を歌っていくという形の公演を多くさせていただいてきました。最近でも宝塚が誇る作曲家の寺田瀧雄先生の名曲を集めたコンサートが開催されましたよね。でも今回の公演では、そうした懐かしい曲をお聞きいただくのはもちろんなのですが、懐かしい場面の再現もご覧いただけるものになると思います。

──それはまた胸躍る企画ですね!

 そうなんです。いったいどんなメンバーでどの場面を再現するのか?懐かしさと同時に、私達がそれぞれに培ってきたものも感じていただけたらと思います。

真琴つばさ=衣裳/HIROKO BIS拡大真琴つばさ=衣裳/HIROKO BIS

──真琴さんご自身が楽しみにしていらっしゃることはどうですか?

 宝塚OGが集う公演はこれまでも数々ありましたが、花組だけ、月組だけという、組単位の公演というのは全く初めてのことで、まさに宝塚在団中以来ですから、それは本当に楽しみにしています。ましてや在団中には絶対に実現しない学年差を越えたメンバーが集まるので、そこにどんな組の個性が見えてくるのかにワクワクします。

──さすがに組の生誕100年という特別な公演ならではの趣向になりますね。

 何しろ100年分なので実際のところは無理なのですが、私の気持ちとしては、例えば「月組バージョン」だったら月組の曲をずっと流し続けてもらって、自分が歌えるところになったら参加したい(笑)と思うくらいです。特に自身が在団時の歌でなくても、月組作品から生まれた曲を私も歌い継ぎたいですし、下級生たちに更に歌い継いでいってもらうのもいいなと思います。これまで想像できなかった組のメンバーが集まって、主題歌だけではもったいないですから、作品のなかで輝いた曲も歌いたいですし、年齢を重ねて声も変わってきたりするなかで、だからこそできる表現、歌える歌も出てくると思います。とてもハードルは高いですが、思い出と共にそうした変化もお見せしていけたらと。私は花組にも在籍していましたので、あれもこれもと思い付く分、きっとやりたいことがどんどん膨らんでいくと思います。それくらい私自身も期待しています。

◆公演情報◆
宝塚歌劇 花組・月組 100th anniversary『Greatest Moment』
大阪:2021年11月3日(水・祝)~7日(日) 梅田芸術劇場メインホール
東京:2021年11月13日(土)~22日(月) 東京国際フォーラム ホール C
公式ホームページ
[スタッフ]
構成・演出:三木章雄
[出演]
初風諄、榛名由梨、安奈淳、髙汐巴、剣幸、若葉ひろみ、こだま愛、安寿ミラ、涼風真世、真矢ミキ、愛華みれ、真琴つばさ、姿月あさと、森奈みはる、麻乃佳世、風花舞、彩輝なお、瀬奈じゅん、大鳥れい、霧矢大夢、壮一帆、彩乃かなみ、桜乃彩音、蒼乃夕妃、蘭乃はな、珠城りょう
彩吹真央、瀬戸かずや/特別出演:凪七瑠海、紫門ゆりや(宝塚歌劇団)
椎名葵、舞城のどか、桐生園加、初姫さあや、白鳥かすが、羽咲まな、扇けい、響れおな、玲実くれあ、鳳真由、咲希あかね、白姫あかり、貴澄隼人、隼海惺、更紗那知、矢吹世奈

〈真琴つばさプロフィル〉
元宝塚歌劇月組トップスター。1985年宝塚歌劇団入団。花組に配属。1997年月組トップスターに就任。2001年退団。退団後は、舞台、テレビ、ラジオと多方面に活躍。特に、バラエティー番組での、トークには定評がある。
オフィシャルブログ
オフィシャルTwitter

・・・ログインして読む
(残り:約852文字/本文:約2982文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

橘涼香

橘涼香(たちばな・すずか) 演劇ライター

埼玉県生まれ。音楽大学ピアノ専攻出身でピアノ講師を務めながら、幼い頃からどっぷりハマっていた演劇愛を書き綴ったレビュー投稿が採用されたのをきっかけに演劇ライターに。途中今はなきパレット文庫の新人賞に引っかかり、小説書きに方向転換するも鬱病を発症して頓挫。長いブランクを経て社会復帰できたのは一重に演劇が、ライブの素晴らしさが力をくれた故。今はそんなライブ全般の楽しさ、素晴らしさを一人でも多くの方にお伝えしたい!との想いで公演レビュー、キャストインタビュー等を執筆している。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

橘涼香の記事

もっと見る