メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

眞子さんの会見で、前田敦子さんの名言「私のことは嫌いでも…」を思い出す

元皇族の立場より「一人の人」として自分を優先する、という“決意”

矢部万紀子 コラムニスト

 10月26日、小室眞子さんと小室圭さんの記者会見をテレビで見て、前田敦子さんの名台詞を思い出した。2011年、「AKB選抜総選挙」で「私のことは嫌いでも、AKBのことは嫌いにならないでください」と叫んだ前田さん。「私のことは嫌いでも、皇室は嫌いにならないでください」。そんな眞子さんの心の叫びを、会見から感じたのだ。

AKB選抜総選挙で1位返り咲きを果たした際に「私のことは嫌いでも、AKBのことは嫌いにならないでください」と涙ながらに発言した前田敦子=2011年6月9日拡大AKB選抜総選挙で「私のことは嫌いでも、AKBのことは嫌いにならないでください」と涙ながらに発言した前田敦子さん=2011年6月9日

 最初に眞子さんがコロナ禍についての「お見舞い」と「感謝」を述べた後、本題に入った。眞子さんは「これまで、お優しいお導きのもと、皇族としての仕事を、自分なりにできる限り大切に果たそうと努めてまいりました」と述べた。

 不思議な文章だと思った。「お優しいお導き」とあるが、誰による導きなのかがわからない。普通なら「天皇、皇后両陛下の」または「天皇、皇后両陛下ならびに上皇、上皇后両陛下の」お優しいお導き、とするところだろう。

 が、そういう言及はないまま、30年間の感謝を語り、結婚に話を進めた。「様々な考え方があることは承知しております」とし、「私にとって圭さんはかけがえのない存在です。そして、私たちにとって結婚は、自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択でした」と述べた。

 ここで気づいたのが、「お気持ち」との重複だ。20年11月に眞子さま(当時、とするのも不自然なので、以後は「眞子さん」とする)が公表したもので、「お気持ち」にはこうあった。

 「私たちにとっては、お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在であり、結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です」

 「かけがえのない存在」「自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択」という表現を再び使うことで、2人の気持ちはずっと同じだと訴えているのだと思った。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

矢部万紀子

矢部万紀子(やべ・まきこ) コラムニスト

1961年生まれ。83年、朝日新聞社に入社。宇都宮支局、学芸部を経て、週刊誌「アエラ」の創刊メンバーに。その後、経済部、「週刊朝日」などで記者をし、「週刊朝日」副編集長、「アエラ」編集長代理、書籍編集部長などをつとめる。「週刊朝日」時代に担当したコラムが松本人志著『遺書』『松本』となり、ミリオンセラーになる。2011年4月、いきいき株式会社(現「株式会社ハルメク」)に入社、同年6月から2017年7月まで、50代からの女性のための月刊生活情報誌「いきいき」(現「ハルメク」)編集長をつとめた後、退社、フリーランスに。著書に『美智子さまという奇跡』(幻冬舎新書)、『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』(ちくま新書)。最新刊に『雅子さまの笑顔――生きづらさを超えて』(幻冬舎新書)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

矢部万紀子の記事

もっと見る