メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ミュージカル『ボディガード』に再チャレンジ、内場勝則インタビュー(上)

初ミュージカルは海外の演出家と相談しながら、笑いも取り入れて役作り

小野寺亜紀 演劇ライター、インタビュアー

 ホイットニー・ヒューストンとケビン・コスナー主演で大ヒットした映画を舞台化した『ボディガード』日本キャスト版の再演が、2022年に決定しました。(1月21日~31日 梅田芸術劇場メインホール、2月8日~19日 東京国際フォーラム ホールC)。

 本作は1992年公開の映画『ボディガード』に、ホイットニーのさまざまな楽曲を盛り込んだ音楽ファンをも虜にする大型ミュージカル。ショーアップされた華やかな場面とともに、愛とサスペンスに満ちた物語が展開します。2012年にロンドンで初演、英国ローレンス・オリヴィエ賞4部門にノミネートされた舞台は、ヨーロッパやアメリカなど世界中で上演。2019年には英国キャストによる来日公演も行われました。

 そして2020年春、ブロードウェイで活躍するジョシュア・ベルガッセ氏の新演出で日本キャスト版が開幕。しかし、コロナ禍の影響でほとんどの公演が中止となり、再演が待ち望まれていました。

 約2年ぶりとなる再演では、スーパースターのレイチェル・マロン役を、初演と同じく柚希礼音さん・新妻聖子さんが演じるほか、新たにMay J.さんも加わりトリプルキャストに。ボディガードのフランク・ファーマー役に大谷亮平さん、ニッキー・マロン役にAKANE LIVさんなど、初演キャストが多く集結し、レイチェルのマネージャー、ビル・デヴァニー役は再び内場勝則さんが演じます。

 20年にわたり吉本新喜劇を座長として牽引し(2019年に座長を勇退)、NHK連続テレビ小説『わろてんか』『下町ロケット2』などドラマや映画、新喜劇以外の舞台にも出演する内場さん。ミュージカル初挑戦となった初演の思い出から、再演への意気込み、「ちゃんとやるのが好き」という真面目な気質まで、さまざまな話を語ってくれました。

目指しているもの、方向性は一つ

内場勝則=久保秀臣 撮影拡大内場勝則=久保秀臣 撮影

――昨年の初演は東京・大阪33公演のうち、大阪5公演のみの上演でストップしてしまいました。このたび再演が決まった時のお気持ちは?

 本当にうれしかったですね。「イィィィーーー!」という感じです(笑)。昨年はチケットを買ってくれた方が大勢いて、「(公演が)なくなったね」という連絡がたくさん入り、「いや、申し訳ない!」と言うばっかりやったので……。観てほしかったな~と思いました。ごっつい稽古したんで。1カ月半ぐらい。でも仕方ないです。

――この作品にはオーディションに合格して参加されたとのことで、そこからの道のりを考えると、初日は感慨深いものがありましたか?

 長かったですからね。いや、稽古をやっているときは、長いとは思わなかったんですよ。でも公演中止で初日が延期になって、それから冷静に考えたら「おい、長かったぞ!」と思いました(笑)。やはり初日は感動しましたね。僕はミュージカルも初めて、キャストの人も初めての方ばかりと、初めてづくしなうえ、生バンドやし「すごいな!」と思いました。キャストのみんなも開幕できて、「ヤッター」と泣いてましたからね。

――新型コロナウイルスの影響が見え始め、世の中が緊迫してきたなかでの開幕でしたが、舞台からの熱量がすごかったです。ところで、初ミュージカルの稽古場はいかがでしたか?

 まず海外のジョシュア・ベルガッセさんの演出だったので、「俺、日本語の標準語も危ないのに大丈夫か!?」と思いました。

内場勝則=久保秀臣 撮影拡大内場勝則=久保秀臣 撮影

――ジョシュアさんは、内場さんの出演されている吉本新喜劇の映像もご覧になっていたとか。

 映像を取り寄せてくださったそうで、すごいなと思いました。それで、演出の中にも入れてこられるんですよ。「そこはちょっと遊んでください」みたいな場面があり、「ええのかな!?」と思いました。また、子役の子たちが「『イィィィーーー!』というのをやっていいですか?」と言ってきて。そこで「コケていいですか?」とコケをやって。ジョシュアさんたちは、最初「なんでコケるんだ!?」と驚かれましたね。外国の方にしてみれば、「変なことを言って周りがコケるって、なんだ!?」と不思議だったようです(笑)。でも「いい!いい! 大阪バージョン!」と喜んでくれました。

――それぞれの個性を活かすような演出だったんですね。

 外国とか日本とか関係なくて、ポイントは一緒やな、と思いました。息抜きのシーンは遊んでもいいよ、と。最初はスタッフもキャストも初めての方ばかりで、どうなるのかなと思ってましたけど、目指しているもの、方向性は一つなんだと感じました。

父親的に、包み込むぐらいの人物を意識してました

内場勝則=久保秀臣 撮影拡大内場勝則=久保秀臣 撮影

――『ボディガード』は1992年に公開され、世界中で大ヒットした映画ですが、内場さんも当時ご覧になられたそうですね。馴染みがある分その世界に入っていきやすかったですか?

 そうですね。でも映画を観ている分、ヤバイなというのがありました。これを舞台化するなんて、なかなかすごいぞ、と。でも演じるうえでは開き直って、自分のキャパシティーの中でやるしかない、と覚悟しましたね。アカンかったらキャスティングの間違いやったということで、人のせいにする(笑)。

――(笑)。実際舞台を拝見し、笑いも入れられつつ、心地よい存在感を出されていてさすがだなと思いました。やはりお芝居がお好きなのかなと感じました。

 あぁ! 1回1回ニュートラルな気持ちでやる、というのは芝居で心掛けてます。いつも舞台では長丁場なんで、常に新鮮にやることが大事です。笑いもやっぱり慣れたらウケないですから。10回同じようにつまずけたら、それはそれで天才ですけど、毎回違います。

――その違いが、舞台のおもしろさですよね。

 そうなんですよ、常に新しく。芝居でも「今日初めて会う人」みたいにやらないといけないですね。

◆公演情報◆
ミュージカル『ボディガード』
大阪:2022年1月21日(金)~31日(月) 梅田芸術劇場メインホール
東京:2022年2月8日(火)~19日(土) 東京国際フォーラム ホールC
公式ホームページ
公式Twitter
ワーナー・ブラザース映画「The Bodyguard/ボディガード」
(1992年米国1993年日本公開 ホイットニー・ヒューストン、ケビン・コスナー主演)
[スタッフ]
原作:ローレンス・カスダン
脚本:アレクサンダー・ディネラリス(「バードマン」でアカデミー賞受賞)
訳詞:森雪之丞
翻訳:阿部のぞみ
編曲:クリス・イーガン
演出・振付:ジョシュア・ベルガッセ
[出演]
柚希礼音・新妻聖子・May J.(トリプルキャスト)、大谷亮平/AKANE LIV、入野自由、猪塚健太、大山真志/内場勝則 ほか

〈内場勝則プロフィル〉
1982年にNSCに入学。第1期生で同期にダウンタウン、トミーズ、ハイヒールなどがいる。1985年から吉本新喜劇に出演するようになり、1999年に座長に就任。2019年に座長を退き、ベテラン座員として若手を支える立場に。「陸王」や「下町ロケット2」などのテレビドラマや外部の舞台にも出演し、活躍の幅を広げている。
公式ホームページ

・・・ログインして読む
(残り:約1276文字/本文:約4192文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

小野寺亜紀

小野寺亜紀(おのでら・あき) 演劇ライター、インタビュアー

大阪府出身。幼い頃から舞台をはじめ、さまざまなエンターテインメントにエネルギーをもらい、その本質や携わる人々の想いを「伝える」仕事を志す。関西大学文学部卒業後、編集記者を経て独立。長年、新聞や雑誌、Webサイト、公式媒体などで、インタビューや公演レポート等を執筆している。特に宝塚歌劇関係の取材は多い。 小野寺亜紀オフィシャルサイト(https://aki-octogreen.themedia.jp/)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

小野寺亜紀の記事

もっと見る