メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

つかこうへいが語らなかった「事件」

俳優、沖雅也をめぐる出来事〈上〉

長谷川康夫 演出家・脚本家

1983年、つかに衝撃を与えた出来事

 気にかけていた読者もいないだろうが、本業に追われしばらく中断していた連載を今回から再開する。

 劇作家「つかこうへい」の誕生から『劇団つかこうへい事務所』解散までを辿った拙著『つかこうへい正伝 1968-1982』以降のつかの姿を、思い出すままに綴ってみようと、この連載を始めたのが去年の7月。つかが演劇界に復帰する1989年あたりまでなら、何回分かは埋められるだろうから、2、3カ月でケリをつけるつもりでいた。

拡大『つかこうへい正伝 1968ー1982』(新潮文庫)
 それがノタノタ書き進めるうち、1年をはるかに超えても、話は劇団解散翌年の83年で停滞したままだ。我ながら呆れている。なんとか進行のスピードを上げ、さっさと当初の予定をクリアすべく、気持ちを新たに取り組みたい。

 などと書きながら、今回もまた83年の話になる。

 沖雅也の「事件」である。

 実はこれを取り上げるかどうかかなり迷った。

 当時なら何ごともなく使えた〝表現〟が、今ではかなり難しい部分もあるし、僕なりの考えが、果たしてつかの思いを正しく伝えるものになるかどうか、どこか自信がないからだ。

 しかしながら、ほぼ半年少々に過ぎなかった、沖雅也、そして日景忠男との付き合いと、何よりその結末が、つかの人生の中で重い1ページとなったことだけは間違いない。

 それはこの件に関して、つかが何かを語ったという記憶が僕には全くないからだ。

 普通なら自分の身の回りに起きたどんなことでも、逆説的な揶揄や皮肉で辛辣に笑い飛ばしてみせる(それが憚られるような場合ならなおさら)のが、つかこうへいである。

 なのに、その事件によって今までにない形で「つかこうへい」の名がマスコミを賑わせたあと、つかはどんな席でも沖雅也に関して口にすることは一切なかった。つまりそれがつかにとって、いかに衝撃を与え、心揺るがす出来事だったか……。この時代のつかを語る時、やはり避けては通れない事柄なのだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

長谷川康夫

長谷川康夫(はせがわ・やすお) 演出家・脚本家

1953年生まれ。早稲田大学在学中、劇団「暫」でつかこうへいと出会い、『いつも心に太陽を』『広島に原爆を落とす日』などのつか作品に出演する。「劇団つかこうへい事務所」解散後は、劇作家、演出家として活動。92年以降は仕事の中心を映画に移し、『亡国のイージス』(2005年)で日本アカデミー賞優秀脚本賞。近作に『起終点駅 ターミナル』(15年、脚本)、『あの頃、君を追いかけた』(18年、監督)、『空母いぶき』(19年、脚本)などがある。つかの評伝『つかこうへい正伝1968-1982』(15年、新潮社)で講談社ノンフィクション賞、新田次郎文学賞、AICT演劇評論賞を受賞した。20年6月に文庫化。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

長谷川康夫の記事

もっと見る