メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

アダム・クーパー インタビュー、ミュージカル『SINGIN’IN THE RAIN~雨に唄えば~』(下)

3度目の来日公演で有終の美を飾る

大原薫 演劇ライター


アダム・クーパー インタビュー(上)

僕の足は水しぶきを上げるのに向いているのかもしれないね(笑)

――アダムさんのドン役を拝見して一番心を動かされたのは、劇中に土砂降りの雨の中で「SINGIN’IN THE RAIN」を歌い踊っているシーンです。生命力にあふれて、大雨をものともせずに歌い踊る力強さにとても感動しました。アダムさんご自身はどんな思いであのシーンを演じていらっしゃるのでしょうか?

 いろいろなことを感じています。まず、あのシーンはドンと(駆け出しの女優で、ドンと共にミュージカル映画を作ろうとする)キャシーの関係が確固たるものになろうとするところで、この作品の中でも一番喜びが大きい瞬間でもあります。それと同時に、どしゃぶりの雨の中での素晴らしい振付で、雨も振付の一部になっていて、さらにお客様の反応もナンバーに欠かせないものになっている。自分にとっても今までまったく経験したことがないシーンなんです。毎晩、この場面を演じることが楽しみなんですよ。

 ただ、問題としては雨で自分が濡れて、衣裳も重くなるということ。物理的・身体的には大変ですが、このナンバーができる喜びは何ものにも勝ります。お客様とこのシーンを共有することが本当に大好きで、いつも心待ちにしているナンバーです。

アダム・クーパー拡大アダム・クーパー

――アダムさんが踊ると、水しぶきさえも踊っているように見えますが、水しぶきを飛ばすコツは何かあるんですか。

 練習がたくさん必要です(笑)。でもこの役をずっと演じているので、水しぶきを飛ばすのにも慣れました。もしかしたら、僕の足が水しぶきを上げるのに向いているのかもしれないね(笑)。2011年初演をチチェスターで上演したときは今とはちょっと状況が違っていて、床の一部がすごく滑りやすかったんです。自分もよく転びましたし、結構気をつけながら踊らなければいけなかったですね。でも今は床が改良されて、そのときよりもずっと自由に踊れるようになりました。もちろん、ダンスと水はあまり良いコンビネーションではないので常に気をつけていないといけませんが。今はどうやったらより素晴らしい水しぶきができるか、その瞬間を探しながら踊っていますね。

◆公演情報◆
『SINGIN’IN THE RAIN ~雨に唄えば~』
アダム・クーパー特別来日 日本公演
東京:2022年1月22日(土)~2月13日(日)  東急シアターオーブ
大阪:2022年2月18日(金)~2月21日(月)  オリックス劇場
公式サイト
[スタッフ]
音楽:ナチョ・ハーブ・ブラウン、アーサー・フリード
演出:ジョナサン・チャーチ
振付:アンドリュー・ライト
[出演]
アダム・クーパー、シャーロット・グーチ ほか

〈アダム・クーパー プロフィル〉
5歳でタップ、7歳でバレエを習い、1987年ロイヤル・バレエ学校に入学。1989年ロイヤル・バレエ団に入団。1994〜97年プリンシパルを務める。『うたかたの恋』『ロミオとジュリエット』『ユダの木』などに出演。1997年退団。その後はフリーとして、ダンサーだけでなく、演出、振付の分野でも活躍。

・・・ログインして読む
(残り:約2238文字/本文:約3540文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

大原薫

大原薫(おおはら・かおる) 演劇ライター

演劇ライターとして雑誌やWEB、公演パンフレットなどで執筆する。心を震わせる作品との出会いを多くの方と共有できることが、何よりの喜び。ブロードウェー・ミュージカルに惹かれて毎年ニューヨークを訪れ、現地の熱気を日本に伝えている。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

大原薫の記事

もっと見る