メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

中村吉右衛門さん、時代劇の軌跡──花房出雲、武蔵坊弁慶、鬼平

ペリー荻野 時代劇研究家

歌舞伎とともにテレビ時代劇でも異彩を放った中村吉右衛門さん拡大歌舞伎とともにテレビ時代劇でも異彩を放った中村吉右衛門さん

 11月28日、77歳で世を去った中村吉右衛門さんは、歌舞伎界を代表する立ち役のひとりであり、時代劇の名優としても親しまれた。

 時代劇の代表作といえば、1989年から2016年まで主演を続けた「鬼平犯科帳」がまず思い浮かぶが、他にも印象的な作品がいろいろある。

 たとえば、80年から82年にかけて3シリーズが放送された「斬り捨て御免!」。

 「斬り捨て御免」の特権を持ち、江戸市中の治安維持を担う武家番所のひとつ「三十六番所」の豪放磊落な頭取・花房出雲(吉右衛門)と配下の活躍を描く。第一シリーズの最終話「江戸城危機一髪」では、上様御落胤(らくいん)を名乗る照千代なる若者が登場。傍若無人な振る舞いをする照千代一派の背後に大きな悪が潜む。出雲は追い詰めた悪を「御免!!」と発しながら、一刀両断する。

 30代半ばの作品だが、三十六番所の飄々とした名物オヤジ関大介(長門勇)や熱血漢・松波蔵人(伊吹剛)など、部下たちをよくまとめ、遊女屋の主(小島三児)ら町の者にも頼りにされる出雲のキャラクターは、のちの「鬼平」にも通じるように見える。

 もっとも、シリーズが重なるごとに娯楽作の味わいが濃くなり、闇を牛耳る謎の「翁の御前」と戦うことになる第3弾のオープニングでは、女性の裸体がシルエットで浮かぶ中、出雲は毎回、上空から飛んでくる巨大な翁の面に斬りかかる。出雲たちを散々に苦しめた「翁の御前」の正体がわかったときは、正直、ちょっとカックンとなったが、豪快でお茶目なところもある出雲は、吉右衛門さんにぴったりだった。

 この作品は、東京12チャンネル(テレビ東京)と歌舞伎座テレビの制作だった。歌舞伎座テレビの元は、映画全盛期に松竹で主に時代劇を製作していた「歌舞伎座映画」で、70年代にテレビが娯楽の中心となると、「歌舞伎座テレビ室」に改称して、成長株の歌舞伎俳優を起用した時代劇を製作した。当時は、7月8月に歌舞伎の舞台が休みだったので、多くのドラマは、その間に集中して撮影。その他のシーンは舞台公演の合間に大急ぎで撮影していたという。「斬り捨て御免!」も各シリーズ約半年ずつの放送で、スケジュール調整は大変だったはずだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

ペリー荻野

ペリー荻野(ぺりー・おぎの) 時代劇研究家

1962年、愛知県生まれ。大学在学中よりラジオパーソナリティを務め、コラムを書き始める。時代劇主題歌オムニバスCD「ちょんまげ天国」のプロデュースや、「チョンマゲ愛好女子部」を立ち上げるなど時代劇関連の企画も手がける。著書に『テレビの荒野を歩いた人たち』『バトル式歴史偉人伝』(ともに新潮社)など多数。『時代劇を見れば、日本史はかなり理解できる(仮)』(共著、徳間書店)が刊行予定

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

ペリー荻野の記事

もっと見る