メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

必見! 濱口竜介『偶然と想像』(上)──偶然の不思議さを活写

藤崎康 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

<偶然>の介入による幻想譚めいたラブコメ

第一話「魔法(よりもっと不確か)」

『偶然と想像』の第一話「魔法(よりもっと不確か)」 ©︎2021 NEOPA/Fictive拡大『偶然と想像』(第一話「魔法(よりもっと不確か)」) ©︎2021 NEOPA/Fictive

 一見、典型的なラブコメだが、予想外のドラマ展開も、今風の若い女性たちの喋り方も、まったく既視感がなく、身辺雑記風の散文的なリアルさに、<偶然>の介入による幻想譚めいたタッチが巧みに加味された一編だ。

──仕事帰りのタクシーの中で、モデルの芽衣子(古川琴音)は仲良しのヘアメイクアーティストのつぐみ(玄理:ひょんり)から、最近気になっている男の話を聞かされる。その彼と意気投合して夜明けまで話しつづけて、もうセックスしてもいい感じになって、だけどキスもしないで握手して別れて、また会うことになってさ、人と距離を取りがちな私たちにとってこれは特別なことだよね……とかなんとか、あまり抑揚をつけない、いかにも濱口らしい演技設計のもと、えんえん喋るつぐみは、芽衣子をカウンセラー代わりにして、喋ることで自分の気持ちを整理し、再確認しているようにも見えるが、もとより<カウンセリング>は濱口作品を特徴づけるモチーフのひとつだ。

 もっとも、聞き役に回りながらも、芽衣子は自分の過去の経験などを口にして、つぐみに応答するので、二人の女性は『ドライブ・マイ・カー』の西島秀俊と三浦透子のように、“相互カウンセリング”を行なうといえようか(『ドライブ・マイ・カー』については2021・08・20同・08・23の本欄参照。なお<カウンセリング>のモチーフは後述する第二話でより顕著に表れる)。

 そして、つぐみと別れた芽衣子が向かったのは……いや、ある<偶然>をめぐるプロットの転回点となるそのシーンは、見てのお楽しみ。

 各話とも空間における人物配置、それを撮りおさえる飯岡幸子のカメラも卓抜だ。第一話では、タクシーの中で横に並んで座る芽衣子とつぐみを、引きの画面で同時に写したり、どちらか一方をアップぎみに写したりする遠近自在の画面構成や、窓外を流れていく等間隔の街灯のショットの挿入が、あまり強弱をつけない二人の声の快い響きとあいまって、見る/聴く者に映画的快をもたらす(キュートな顔の芽衣子/古川琴音は、それってエロくない? とか言ったりしておかしい)。

 さらに、だだっ広い夜のオフィスのがらんとした感じ。その空間は何やら不穏さを醸して恐怖映画の舞台のようだ(そこでは人物間の緊迫した葛藤のドラマが演じられる)。さらに終盤の、芽衣子とつぐみがカフェの窓際のテーブルを挟んでいるシーンで起こる、アッと声を上げそうになる、ケレンに満ちた映像のマジック!

 そこでは<(第2の)偶然>、

・・・ログインして読む
(残り:約1848文字/本文:約3844文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

藤崎康の記事

もっと見る