メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

横尾忠則の楽しい妄想、現在も通用する「民藝」の美学・哲学・行動力

 「GENKYO 横尾忠則」は彼の始まりから現在まで600点以上の作品の質量に圧倒された。副題は「原郷から幻郷へ、そして現況は?」でGENKYOはその3つを指す。60年代のグラフィック・デザイナー時代のポスターを3段がけでびっしり見せるかと思うと、アンリ・ルソーの絵画の膨大な数の模写が並ぶ。

「滝のインスタレーション」拡大《滝のインスタレーション》=「GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は?」(東京都現代美術館)

 《滝のインスタレーション》は滝の絵ハガキを天井まで並べた部屋。「地球の中心への旅」や「死者の書」では彼の妄想の源である冒険小説、絵本、江戸川乱歩、戦争、家族といった記憶が歪みながら、交じり合う。あらゆる「引用」が行き来して彼の妄想に付き合うのが楽しくなる。ピカソを中心にデュシャンやベラスケスなどの西洋美術史も透けて見える。そして最後の「原郷の森」に家族と寒山拾得がいた。

「寒山拾得」の連作拡大「寒山拾得」の連作

 「柳宗悦没後60年記念展 民藝の100年」は、バーナード・リーチや河井寛次郎の陶芸や芹沢銈介の染織などの作品だけでなく、その思想的背景や社会的活動の面に力点が置かれた点が新しい。中心となる柳宗悦は武者小路実篤や志賀直哉らの「白樺派」に属しており、その縁で朝鮮半島の白磁や民画を知る。それが大正時代から昭和初年にかけての全国的な鉄道網の発達による旅行ブームに乗って、国内の探索へ向かう。

本州から沖縄までの日本地図に500件を超える工芸品の産地を示した、全長13メートル超の「日本民藝地図(現在之日本民藝)」(1941年、日本民藝館蔵)=東京国立近代美術館拡大500件を超える工芸品の産地を示した、全長13メートル超の「日本民藝地図(現在之日本民藝)」=「柳宗悦没後60年記念展 民藝の100年」(東京国立近代美術館)

 会場には壁一面に横10メートル以上の日本地図があり、彼らが見つけた全国の「民藝」作品がその手前に展示されていた。柳たちは古い民藝作品を探し出すだけではなく、新作民藝の制作を進める。それらは鳥取の「たくみ工藝店」を始めとして京都や東京にもショップを作って売られた。さらに、1931年には雑誌『工藝』を発刊し、各地の民藝を写真入りで紹介する。彼らの美学や哲学や行動力は現在にも通用すると思った。

雑誌『工藝』(国立新美術館蔵)=東京国立近代美術館拡大雑誌『工藝』

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

古賀太

古賀太(こが・ふとし) 日本大学芸術学部映画学科教授(映画史、映像/アートマネジメント)

1961年生まれ。国際交流基金勤務後、朝日新聞社の文化事業部企画委員や文化部記者を経て、2009年より日本大学芸術学部映画学科教授。専門は映画史と映画ビジネス。訳書に『魔術師メリエス――映画の世紀を開いたわが祖父の生涯』(マドレーヌ・マルテット=メリエス著、フィルムアート社)、共著に『日本映画史叢書15 日本映画の誕生』(岩本憲児編、森話社)など。個人ブログ「そして、人生も映画も続く」をほぼ毎日更新中。http://images2.cocolog-nifty.com/

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

古賀太の記事

もっと見る