メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

TRUMPシリーズ最新作に主演!美弥るりかインタビュー(下)

多様性を認める時代に感謝し、新しい存在でいられるように

橘涼香 演劇ライター


美弥るりかインタビュー(上)

はじめてTRUMPシリーズをご覧になる方にも入りやすい

──改めて末満健一さんの作品の魅力をどう感じますか?

 どの作品を拝見しても強いこだわりを感じます。キャストはもちろん、衣装、セットなどを含めた隅々にまで、それが貫かれている。末満さんにしか作れない独特の世界観をカンパニー全員で具現化しているんだなと思えるので、実際にその創作の過程、お稽古の過程でどう創っていかれるのかが楽しみです。

──シリーズ全体を通して基本となる約束事があり、登場人物の様々な時代が大河ドラマのように描かれている一方で、ひとつの作品を単体で観てもちゃんと理解できるのもすごいことですよね。

 特に今回の作品は、シリーズの時系列のなかで、一番前の、はじまりに位置しているということなので、初めて「TRUMPシリーズ」をご覧になる方にも、とても入りやすいものになっていくんじゃないかなと思います。

美弥るりか=岩田えり 撮影拡大美弥るりか=岩田えり 撮影

──美弥さんが出演されることで、初めて「TRUMPシリーズ」に触れる方も多いと思うので、それは素晴らしいきっかけになりますね。また今回は、東京公演が東京建物Brillia HALL、大阪公演がCOOL JAPAN PARK OSAKA WWホールと、東西での上演も決定していて。

 東京建物Brillia HALLには、7月に『GREAT PRETENDER』の舞台で立たせていただいたばかりですが、舞台から客席への空間に包まれているような感覚があって、演じていてとても心地良かったです。池袋に毎日通う道にもお店がたくさんあるので、美味しいものを買っていくのも楽しみでしたから、また行けるのが嬉しいです。COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールには、今回の公演がはじめてになりますが、関西にずっと住んでいましたから、未だに関西に行くと「帰ってきた」という気持ちがするんです。知り合いもたくさんいますし、大阪で公演できるのは本当に楽しみです。

◆公演情報◆
ミュージカル『ヴェラキッカ』
東京:2022年1月15日(土)~23日(日) 東京建物Brillia HALL
大阪:2022年2月2日(水)~6日(日) COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール
公式ホームページ
[スタッフ]
作・演出:末満健一
音楽:和田俊輔
[出演]
美弥るりか、松下優也、古屋敬多(Lead)、平野綾
愛加あゆ、大久保祥太郎、斎藤瑠希、西野誠、宮川浩 ほか


〈美弥るりかプロフィル〉
2003年に宝塚歌劇団に入団。男役として星組に配属後、2012年に月組へ組替えをし、2014年『 THE KINGDOM 』でダブル主演。2017年『 瑠璃色の刻 』、2019年『 アンナ・カレーニナ 』で主演を務め、2019年6月退団。唯一無二の存在感で、男役だけでなく幅広い役柄を好演。宝塚退団後、舞浜アンフィシアターでの「ソロライブ」から活動をスタート。独自の個性を生かし、舞台だけでなくファッション・ビューティーなど様々なフィールドで活動の幅を広げている。
オフィシャルサイト
オフィシャルInstagram

・・・ログインして読む
(残り:約2696文字/本文:約3996文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

橘涼香

橘涼香(たちばな・すずか) 演劇ライター

埼玉県生まれ。音楽大学ピアノ専攻出身でピアノ講師を務めながら、幼い頃からどっぷりハマっていた演劇愛を書き綴ったレビュー投稿が採用されたのをきっかけに演劇ライターに。途中今はなきパレット文庫の新人賞に引っかかり、小説書きに方向転換するも鬱病を発症して頓挫。長いブランクを経て社会復帰できたのは一重に演劇が、ライブの素晴らしさが力をくれた故。今はそんなライブ全般の楽しさ、素晴らしさを一人でも多くの方にお伝えしたい!との想いで公演レビュー、キャストインタビュー等を執筆している。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

橘涼香の記事

もっと見る