メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

必見! カール・ドライヤー特集──耐え難いまでの美しさ

藤崎康 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

 デンマークの生んだ天才監督、カール・テオドア・ドライヤー(1889~1968)の貴重な特集が、東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほかで開催される(12月25日~)。ラインナップは、サイレント期の名作『裁かるゝジャンヌ』(1928)、後期ドライヤーの代表作『怒りの日』(1943)、『奇跡』(1954)、『ゲアトルーズ』(1964)の4本。いずれも絶品だが、以下では、私が最もインパクトを受けた『奇跡』と『ゲアトルーズ』を中心に、“ドライヤー覚書”を記してみたい。

カール・テオドア・ドライヤー(1889─1968) © Danish Film Institute拡大カール・テオドア・ドライヤー(1889─1968) © Danish Film Institute 「奇跡の映画 カール・テオドア・ドライヤー セレクション」2021年12月25日(土)より、東京・渋谷の「シアター・イメージフォーラム」ほか全国順次公開 配給:ザジフィルムズ
 なお、ドライヤーには、しばしば「聖なる」とか「孤高の」という形容詞が冠せられるが、それに騙されてはならない。

 たしかに、ドライヤーの映画は映画狂をしびれさせる“神品”だ。しかし同時に、ひたすら面白く美しく感動的な、万人向きの娯楽映画でもある。なのに、その面白さ・美しさ・感動があまりに破格なので、人は動揺し、つい彼を「聖なる……」と呼んでしまう。だから私たちは、ただ無防備に、虚心にドライヤーと向き合えばいいのだ(プロテスタントの福音ルーテル派を国教とするデンマークで生まれ育ったドライヤーは、宗教的主題を好んで取り上げたが、それは彼の映画の素材でしかない。ドライヤー作品が、キリスト教信仰に無縁な者にも訴求するゆえんだ)。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

藤崎康の記事

もっと見る