メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「マツケンサンバⅡ」が愛されるのには、ワケがある

観劇のよき思い出を持ち帰ってもらうための心意気で出来た曲

ペリー荻野 時代劇研究家

 大みそかの「第72回NHK紅白歌合戦」の特別企画に登場することになり、再び注目が集まる松平健の「マツケンサンバⅡ」。この曲が「紅白」で歌われるのは、レコード大賞「特別賞」を受賞した2004年以来。今年の「紅白」のテーマ、「Colorful~カラフル~」にこれほどぴったりな曲はないと今から楽しみにしている方も多いと思う。

マツケンサンバⅡが「NHK紅白歌合戦」で歌われるのは2004年以来拡大「マツケンサンバⅡ」は今年の「紅白」の目玉?=2004年の「NHK紅白歌合戦」

 キラキラと光り輝く着物に足袋や草履もピッカピカ。よく見れば、ちょんまげのシケ(はらりとほつれた一筋の髪)も光っている! 華やかな衣装と振付、覚えやすい歌詞とノリのいいメロディは、いつ見てもインパクトは抜群。2021年の東京オリンピック・パラリンピック開催前には、開会式・閉会式にこの曲の待望論がSNSを中心に巻き起こり、若い世代にも人気が高いことがよくわかった。

 松屋フーズのCMでは「みんなの!マツベンサンバ」篇で替え歌で踊りながら町の人たちと通りを行進、年末の「第66回有馬記念」開催に先立ちJRA(日本中央競馬会)とコラボしたサイト「マツケンアリマ66」では、有馬記念バージョンの「マツケンサンバⅡ」の動画が話題となっていた。元旦には、CSの時代劇専門チャンネルでサンバをはじめ、「マツケンのAWA踊り」などマツケンと冠のつく7楽曲のMVを集めた番組「新春☆マツケン音楽祭」が放送される。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

ペリー荻野

ペリー荻野(ぺりー・おぎの) 時代劇研究家

1962年、愛知県生まれ。大学在学中よりラジオパーソナリティを務め、コラムを書き始める。時代劇主題歌オムニバスCD「ちょんまげ天国」のプロデュースや、「チョンマゲ愛好女子部」を立ち上げるなど時代劇関連の企画も手がける。著書に『テレビの荒野を歩いた人たち』『バトル式歴史偉人伝』(ともに新潮社)など多数。『時代劇を見れば、日本史はかなり理解できる(仮)』(共著、徳間書店)が刊行予定

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

ペリー荻野の記事

もっと見る