メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

【公演評】月組『今夜、ロマンス劇場で』『FULL SWING!』

月組色に彩られ、月城かなと大劇場トップお披露目で2022年の宝塚が開幕!

さかせがわ猫丸 フリーライター


 月組公演、ミュージカル・キネマ『今夜、ロマンス劇場で』、ジャズ・オマージュ『FULL SWING!』が、1月1日、宝塚大劇場で初日を迎えました。宝塚歌劇2022年の幕開けを飾るのは、月組新トップスター月城かなとさん。新トップ娘役・海乃美月さんを相手役に迎え、新生月組の誕生に、新年のお祝いムードも満開です。

 大劇場お披露目作品となる『今夜、ロマンス劇場で』は、2018年に上演された人気映画です。演出は『はいからさんが通る』などでおなじみの小柳奈穂子先生。宝塚らしい独自の登場人物を加え、歌とダンスのミュージカルアレンジで、より一層ロマンチックに生まれ変わりました。ファンタジックで切ない恋物語は宝塚の世界観にも通じ、コラボレーションの醍醐味も味わえる作品となっています。

 スクリーンの中の美しいお姫様に海乃さん、そんなヒロインに恋する純朴な青年に月城さんと、これまでにはあまり演じてこなかった役柄で、初々しいトップ2人にぴったりの物語が始まります。(以下、ネタバレがあります)

愛らしい月城にくすぐられる

『今夜、ロマンス劇場で』公演から、月城かなと=岸隆子 撮影拡大『今夜、ロマンス劇場で』公演から、月城かなと=岸隆子 撮影

――1964年、日本映画の黄金期。助監督の牧野健司(月城)は京映スタジオで働きながら、映画監督を夢見ていた。健司には大切な場所がある。怒られて落ち込んでも、同僚の山中伸太郎(風間柚乃)に誘われても、仕事帰りは一目散に「ロマンス劇場」へ通うこと。古いモノクロ映画『お転婆姫と三獣士』の勝気なヒロイン美雪(海乃)に会うためだ。だがある日、館主の本多(光月るう)が、映画館存続のため、このフィルムを売ると言い出した。ショックを受けた健司がスクリーンの美雪に手を伸ばした瞬間、劇場は凄まじい雷鳴とともに闇に包まれ、やがて目の前に本物の美雪が現れたのだった。

 端正なマスクの月城さんは正統派二枚目。スーツが似合う大人の男役といったイメージが強いのですが、今回の主人公・健司はイマイチ押し出しの弱い優男です。撮影現場でもミスをしては怒鳴られ、しょんぼりと落ち込んでしまう。おろした前髪にハンチング帽、丈の短いパンツなど、レトロな映画屋さんスタイルが似合っていて、とにかく愛らしい。笑うとキュッと出るえくぼにも、母性本能がくすぐられずにいられません。そんなギャップが余計に月城さんの甘く優しい魅力を引き出し、ファンタジックな物語の世界へと一気に引き込みます。

 憧れのヒロインと思わぬ出会いを果たしたものの、目の前に起こるのはトラブルばかり。それでも健司は優しくて、文句を言いながらも美雪の面倒をかいがいしくみるのでした。月城さんは、健司の少し臆病なところや、実は芯のしっかりしたところもすべてひっくるめて、あたたかな人柄を、とことんおだやかに演じていました。

 少しだけ登場する老け役も印象的です。黙っているだけで伝わってくる存在感の重さには、圧倒されるほどでした。

◆公演情報◆
『今夜、ロマンス劇場で』『FULL SWING!』
2022年1月1日(土)~1月31日(月) 宝塚大劇場
2022年2月25日(金)~3月27日(日) 東京宝塚劇場
公式ホームページ
[スタッフ]
『今夜、ロマンス劇場で』
原作:映画「今夜、ロマンス劇場で」(c)2018 フジテレビジョン ホリプロ 電通 KDDI
脚本・演出:小柳 奈穂子
『FULL SWING!』
作・演出:三木 章雄

・・・ログインして読む
(残り:約2717文字/本文:約4100文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

さかせがわ猫丸

さかせがわ猫丸(さかせがわ・ねこまる) フリーライター

大阪府出身、兵庫県在住。全国紙の広告局に勤めた後、出産を機に退社。フリーランスとなり、ラジオ番組台本や、芸能・教育関係の新聞広告記事を担当。2009年4月からアサヒ・コム(朝日新聞デジタル)に「猫丸」名で宝塚歌劇の記事を執筆。ペンネームは、猫をこよなく愛することから。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

さかせがわ猫丸の記事

もっと見る