メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

吉村萬壱『哲学の蠅』を読む──「文学の正統」に連なる脱ぎっぷりの良さ

大槻慎二 編集者、田畑書店社主

文学と哲学の無限ループに

 ページを開いてもやはり、「われわれがよく知っているけれども、改めてこう描かれるとハッとする」ことと、それとは対極にある、思いもよらなかった著者の奇行・奇考が交互に出てきて驚かされる。

 小口に両親指を当てて測ると、最初の3分の1あたりまでは、三島由紀夫でいえば「仮面の告白」的な、幼少から思春期に至る自らの原点ともいえる〈母親との葛藤〉が描かれ、そこから「本」と「オカルト」に出会って、まさに哲学的ともいえる著者の魂の遍歴を読者は辿ることになる。

 といってもしち面倒なところはまったくなくて、中・高・大学時代を通して描かれるのは、やや常軌を逸したシュトゥルム-ウント-ドラング(疾風怒濤)、どこかしら北杜夫の『どくとるマンボウ青春記』にも通ずる味わいがある。

 三島由紀夫、北杜夫……とくれば、やはり名を上げたくなるのはトーマス・マンで、大学を出てからの教員時代、そして文学界新人賞を受賞して作家との二足の草鞋を履いた生活の中に滲み出てくるものは、まさに「芸術家v.s.市民」の問題である。「異端」であって、あくまでも「正統」。つまり「文学的正統」の系譜に著者はいるのだとわかる。

吉村萬壱拡大吉村萬壱

 本書を読み終わって閉じる。そして著者の近著、ポール・ヴァレリーの『テスト氏』に因んだタイトルを冠した『死者にこそふさわしいその場所』(文藝春秋)のどこでもいい、ページを開いて文章を辿る。すると初読では感じなかったようなざわめきを覚える。さりげなくどうしようもない市井の人々の描写ひとつひとつが妙に哲学的に立ち上がってくるから不思議だ。2つの本を交互に読み進めると文学と哲学の無限ループにおちいる。これもまさに「正統」のなせるわざだろう。

 そして本書の最後、「芸術」の項に至って読者はめくるめく思いにとらわれるはずだ。ずっと長いあいだ憎悪と拘泥の対象だった「母」の姿に「完全な美」を見たとき、明らかに著者は、いや読者は、「アウフヘーベン」された自己に気づく。作家生活20年を経ていま、さらなる新しいステージに向かおうとしている作家の存在を感じる。

 それにしても……とまた造本の話に戻るのだが、目次裏のクレジットを確かめてから改めて、繁々と見返し(表紙裏と本文の間に貼り込んだ紙)の写真を見てみる。おそらくは育った実家を写したのだろう前見返しの写真は、どことなく『東京漂流』で藤原新也が撮った金属バット事件の家を彷彿とさせる。そして後ろ見返しは……これは言わぬが花だろうが(ぜひ本文を当たってみてください)、そういえば冒頭記した本の佇まい全体の潔さは、世間に裸体を晒すことにゾクゾクするほどの快感を覚えるという著者の脱ぎっぷりの良さの、面目躍如たる現れに思えてくる。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

大槻慎二

大槻慎二(おおつき・しんじ) 編集者、田畑書店社主

1961年、長野県生まれ。名古屋大学文学部仏文科卒。福武書店(現ベネッセコーポレーション)で文芸雑誌「海燕」や文芸書の編集に携わった後、朝日新聞社に入社。出版局(のち朝日新聞出版)にて、「一冊の本」、「小説トリッパー」、朝日文庫の編集長を務める。2011年に退社し、現在、田畑書店社主。大阪芸術大学、奈良大学で、出版・編集と創作の講座を持つ。フリーで書籍の企画・編集も手がける。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです