メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

必見!『フレンチ・ディスパッチ』──奇抜な物語と厳密な形式

藤崎康 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

 今やアメリカ映画を代表する監督の一人である、ウェス・アンダーソン(1969~)。アンダーソン映画の最大の魅力は、コメディー調の奇抜で空想的な物語が、計算し尽くされた形式で描かれる点にある。

ウェス・アンダーソン監督拡大ウェス・アンダーソン監督
 すなわち、どんなに破天荒な物語/内容をも、厳密な形式によって制約しコントロールし、破綻なく語り切ること、それがアンダーソンの<作家性>だ。よって彼の映画においては、しばしば内容と形式の間に緊張関係が生まれ、両者の拮抗(きっこう)が映画的熱量を放つ。たとえば、活劇や惨劇やラブシーンといったヤマ場でも、描写が誇張され過剰になることを形式が抑制するように働き、いわば描写と形式との間に摩擦が起こり、かえって画面に強度をもたらすのだ。

 アンダーソンの<形式>はといえば、徹底的に作りこまれたセット空間内での、人物の正面ショット、真横からのショット、左右対称の構図、カメラあるいは人物の横移動、前進/後退移動、めまぐるしいアップテンポな編集(膨大なカット数!)、ポップな色彩設計、珍妙な機械装置、などなどだ。

 そしてそれらに律せられて、大勢の人物が織りなす多彩なシーン──おびただしい情報量が渦巻く──が、まとまりのあるストーリーとして、目もあやな高速度で展開される。また、アンダーソンの作家的特徴のひとつとして、感情をあまり顔に出さない役者たちの演技もあげられよう(その詳細については、2018・07・02同・07・05同・07・062014・07・082013・02・11同・02・12の本欄を参照されたい)。

 アンダーソン作品のそうした厳密な形式/規則は、『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』(2001)以降、いっそう顕著になるが、それは最新作『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』においても、見事な完成度を示している(第10作目)。

 この舌を噛みそうな長いタイトルは、アメリカの新聞「カンザス・イヴニング・サン」の別冊で、20世紀フランスの架空の町、アンニュイ=シュール=ブラゼに編集部を構える「フレンチ・ディスパッチ」誌を指す。国際政治、犯罪、アート、カルチャー、ファッション、グルメなど幅広いトピックを、海外の有能な記者たちがユニークな視点から切り込む人気雑誌であり、購読者は50か国50万人を突破していた(「フレンチ・ディスパッチ」は、ウェス・アンダーソンが高校時代に図書館で発見した“ザ・ニューヨーカー”──1925年にハロルド・ロスが創刊したインテリ向けの雑誌──から着想された)。

『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』 全国公開中 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン © 2021 20th Century Studios. All rights reserved.
拡大『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』 全国公開中 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン © 2021 20th Century Studios. All rights reserved.

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

藤崎康の記事

もっと見る