メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

舞台『冬のライオン』、演出・森新太郎×出演・加藤和樹インタビュー(上)

家庭内の不和が国境紛争につながっていく戯曲の面白さ

橘涼香 演劇ライター


 1183年イングランド王ヘンリー二世の居城で繰り広げられる、跡目争い、領土紛争、王妃と若き愛妾の確執を描いた、王族の家族劇である『冬のライオン』が、2月26日~3月15日、東京・池袋の東京芸術劇場 プレイハウスで上演される。

 1966年にブロードウエイで初演された権力と愛情を巡って登場人物たちが権謀術数をめぐらし、化かし合いに継ぐ化かし合いを続ける心休まらぬクリスマスを描いたこの作品は、のちに映画、テレビドラマ、ブロードウエイでリバイバル上演されるなど、長く愛され続けている。

 独自の感性と洞察力で快進撃を続ける気鋭の演出家、森新太郎の新演出のもと、日本での四回目の上演となる今回は、ヘンリー二世に佐々木蔵之介。彼の愛妾アレーに葵わかな。長男リチャードに加藤和樹。アレーの異母弟でフランス王のフィリップに水田航生。ヘンリーの次男ジェフリーに永島敬三。末息子ジョンに浅利陽介。そして、ヘンリーと渡り合う妻エレノアに高畑淳子という強力なキャストが集結。高貴な人々が見せる赤裸々な人間模様と、どこかで滑稽でもあるパワーゲームがいま生まれ出ようとしている。

 そんな作品の指揮をとる森新太郎と、ヘンリーの長男リチャードを演じる加藤和樹が、作品のこと、稽古の様子、更に初タッグとなるお互いに感じる魅力までを語りあってくれた。

笑いすぎているんじゃないかと思う時がある

森新太郎(左)と加藤和樹=岩田えり 撮影拡大森新太郎(左)と加藤和樹=岩田えり 撮影

──『冬のライオン』は森さんご自身が今上演したい作品として選ばれた戯曲と伺っていますが、何故今『冬のライオン』をと思われたのですか?

:この作品は愛情の欠けた家族の物語で、描かれているのは支配欲や不信感といったものにがんじがらめになっている人間の姿です。彼らは王族なので、家庭内の不和はイコール国境紛争。極小の争いが極大の争いにも重なって見えるという戯曲の構造にまず興味を引かれました。本当にこの家族が呆れるぐらい戦うことをやめないんですよ(笑)。不毛な争いだとわかりつつも、状況はどんどん悪化して底なしの泥沼にハマっていく。半世紀前に書かれた戯曲ですが、我々もよく知っている世界だと思い、上演を希望しました。

加藤和樹=岩田えり 撮影拡大加藤和樹=岩田えり 撮影

──そうした作品のお稽古にいま入られていて、加藤さんはどう感じていらっしゃいますか?

加藤:最初に本読みを4日間やらせていただいてから立ち稽古に入ったんですが、自分が思い描いていた役柄とも、作品の雰囲気ともずいぶん変わるのかなと思っています。森さんが最初の本読みの時に「この作品はコメディです」というお話をされて、正直ちょっとクエスチョンだったんですが、立ち稽古に入ってリチャードとエレノアのやり取りや、兄弟とのやり取りを作っていくなかでもそうですし、僕が出ていないシーンを観客として見ていても普通に笑っているんです(笑)。想像していたよりもずっと面白い作品なんだなと思いました。言葉を交わす夫婦や家族の関係を客観視すると「もっと素直になればいいのに」と思うんですが、どんどんすれ違っていって取り返しのつかないことになっていく。その過程がとても面白いです。

森新太郎=岩田えり 撮影拡大森新太郎=岩田えり 撮影

──森さんは「コメディです」とお話になったと言うことですが、その感覚は皆さんとのお稽古のなかで強まっているのですか?

:そうですね。たまに自分で笑いすぎているんじゃないかと思う時があるくらいですが(笑)、どの人物も相手に負けまいと至って真剣で、その姿が馬鹿馬鹿しく見えるというのは、この戯曲が本来求めているものかなと。大体、クリスマスに熾烈な争いが繰り広げられるという設定自体が、すでに痛烈なユーモアですからね。

◆公演情報◆
『冬のライオン』
2022年2月26日(土)~3月15日(火) 東京芸術劇場 プレイハウス
公式ホームページ
[スタッフ]
作:ジェームズ・ゴールドマン
翻訳:小田島雄志
演出:森 新太郎
[出演]
佐々木蔵之介/葵 わかな、加藤和樹、水田航生、永島敬三、浅利陽介/高畑淳子


〈森新太郎プロフィル〉
2002年に演劇集団円に入り、2006年に『ロンサム・ウェスト』で演出デビュー。古典から現代劇まで幅広く手掛ける。またミュージカルにも挑戦し、ジャンルにとらわれない活動を行う。自身が主宰するモナカ興業でも活動中。2013年に文化庁新進芸術家海外研修制度でアイルランドへ、2018 年にシンガポールへ留学。第50回毎日芸術賞演劇部門第11回千田是也賞、平成21年度(第64回)文化庁芸術祭優秀賞、第21回読売演劇大賞グランプリ及び最優秀演出家賞、平成25年度(第64回)芸術選奨 演劇部門 文部科学大臣新人賞、WOWOW presents 勝手に演劇大賞2017年 演出家賞受賞。


〈加藤和樹プロフィル〉
2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴びる。翌年Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。2009年には韓国、台湾、中国でCDデビューを果たし、音楽活動と並行し、舞台・ミュージカル・映像作品にも多数出演。俳優・声優としても活躍の場を広げている。近年の主な出演作品は、『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』、『マタ・ハリ』、『BARNUM』、『ローマの休日』、『フランケンシュタイン』、『ファントム』、『怪人と探偵』、『BACKBEAT』、『暗くなるまで待って』など。第46回菊田一夫演劇賞 演劇賞を受賞。5月~ミュージカル『るろうに剣心』への出演が決まっている。
★オフィシャルサイト
★公式twitter

・・・ログインして読む
(残り:約1633文字/本文:約3887文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

橘涼香

橘涼香(たちばな・すずか) 演劇ライター

埼玉県生まれ。音楽大学ピアノ専攻出身でピアノ講師を務めながら、幼い頃からどっぷりハマっていた演劇愛を書き綴ったレビュー投稿が採用されたのをきっかけに演劇ライターに。途中今はなきパレット文庫の新人賞に引っかかり、小説書きに方向転換するも鬱病を発症して頓挫。長いブランクを経て社会復帰できたのは一重に演劇が、ライブの素晴らしさが力をくれた故。今はそんなライブ全般の楽しさ、素晴らしさを一人でも多くの方にお伝えしたい!との想いで公演レビュー、キャストインタビュー等を執筆している。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

橘涼香の記事

もっと見る