メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

今、パゾリーニを見る意味~『テオレマ』『王女メディア』の公開にあたって

古賀太 日本大学芸術学部映画学科教授(映画史、映像/アートマネジメント)

 1922年3月5日に生まれたイタリアの映画監督、ピエル・パオロ・パゾリーニの生誕100年を記念して、代表作の『テオレマ』(1968、4Kスキャン版)と『王女メディア』(1969、2K修復版)が3月4日から全国各地で上映される。この機会にパゾリーニという映画監督の特異性と今見る意味を考えてみたい。

『テオレマ 4Kスキャン版』 © 1985 - Mondo TV S.p.A.拡大『テオレマ 4Kスキャン版』 © 1985 - Mondo TV S.p.A. 3月4日(金)より、東京のヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開 配給:ザジフィルムズ

『テオレマ』『王女メディア』公式サイト

 イタリアはアメリカやフランスや日本と並ぶ「映画大国」であった、と書くと今では驚かれるかもしれない。サイレント期からディーヴァ(女神)映画や史劇はハリウッド映画の形成に大きな役割を果たし、トーキーになってからは極上の喜劇を作り出し、戦後はネオレアリズモやマカロニ・ウエスタンやイタリアン・ホラーなどで一世を風靡した。1970年前後の日本では、毎年60本前後のイタリア映画が公開されて本数でフランス映画を上回っていた。

 監督としても、ロベルト・ロッセリーニ、ヴィットリオ・デ・シーカ、ルキノ・ヴィスコンティ、フェデリコ・フェリーニ、ミケランジェロ・アントニオーニ、ヴィットリオ&パオロ・タヴィアーニ、エルマンノ・オルミ、マルコ・ベロッキオ、ベルナルド・ベルトルッチといった巨匠たちが綺羅星のごとくに並ぶ。しかし、ピエル・パオロ・パゾリーニ監督は、彼らとは違っていた。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

古賀太

古賀太(こが・ふとし) 日本大学芸術学部映画学科教授(映画史、映像/アートマネジメント)

1961年生まれ。国際交流基金勤務後、朝日新聞社の文化事業部企画委員や文化部記者を経て、2009年より日本大学芸術学部映画学科教授。専門は映画史と映画ビジネス。訳書に『魔術師メリエス――映画の世紀を開いたわが祖父の生涯』(マドレーヌ・マルテット=メリエス著、フィルムアート社)、共著に『日本映画史叢書15 日本映画の誕生』(岩本憲児編、森話社)など。個人ブログ「そして、人生も映画も続く」をほぼ毎日更新中。http://images2.cocolog-nifty.com/

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

古賀太の記事

もっと見る