メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

大塚康生さんの一周忌に思う──大工原章さんとの知られざる師弟関係

叶精二 映像研究家、亜細亜大学・大正大学・女子美術大学・東京工学院講師

大塚さんの追悼が止むことがなかった1年間

 2021年3月15日、日本を代表するアニメーター大塚康生さんが89歳で亡くなった。この1年間、各所で大塚さんの功績を振り返り追悼する声が止むことはなかった。

大塚康生さん=2012年拡大大塚康生さん=2012年

 2021年6月28日には関係各社の協力と協賛のもと、東京・杉並公会堂で「大塚康生さんを偲ぶ会」が開催された。

 2021年10月30日〜11月8日に開催された第34回東京国際映画祭(TIFF)では、「アニメーター・大塚康生の足跡」と題された特集で『わんぱく王子の大蛇退治』(1963年)と『じゃりン子チエ』(1981年)が上映され、それぞれアニメーターの月岡貞夫さんと美術監督の山本二三さんによるトークショーが開催された。また、関係者によるトークショー「マスタークラス アニメーター・大塚康生の足跡」もオンラインで配信された。

 2022年2月5日にはASIFA(国際アニメーションフィルム協会)ハリウッド支部により、昨年亡くなった世界のアニメーション制作者を追悼する催し「Afternoon of Remembrance」が行われ、大塚さんの業績が顔写真と共に紹介された。

 第45回日本アカデミー賞では大塚さんが会長特別賞に選出され、来る3月11日に受賞式が行われる。映画産業に貢献した故人に贈られる同賞をアニメーターが受賞するのは初めてだ。アニメーション制作に携わる者としても高畑勲監督以来となる。

 東京・池袋で開催される「東京アニメアワードフェスティバル2022(TAAF2022)」では、3月12日・3月13日の両日にわたり「大塚康生追悼企画」が開催される。代表作『未来少年コナン』(1978年)2話の上映、関係者による3時間にわたるトークショーなども催される(チケットは予約制)。

大塚康生追悼企画『未来少年コナン』―大塚康生のアニメーションは、何故私たちを魅了し続けるのか―
3月12日(土)15:00〜16:30
池袋シネマ・ロサ
登壇者/安藤雅司、竹内孝次、叶精二

大塚康生追悼企画ー大塚さんを語り尽くすー

3月13日(日)17:30〜20:30
としま区民センター6階 601・602会議室
登壇者/竹内孝次、叶精二、イラン・グエン、片渕須直、富沢信雄、友永和秀、本多敏行
無料(オンライン配信を予定)

 また、「東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアム」では追悼展が開催される。

「伝説のアニメーター 大塚康生さん 追悼展」
3月30日(水)〜5月17日(火)
入館料 無料

 筆者は数多くの追悼記事、ラジオ番組、上映イベントなどに関わってきた。その都度、大塚さんの開拓された技術や後進への影響の大きさを痛感せざるを得ない。大塚さんご自身は日本のアニメーションの先駆者である諸先輩たちへの深い敬意をお持ちの方だった。一周忌の機会に大塚康生さんとの数ある思い出の中の一つを振り返って記しておきたい。

大塚康生(おおつか・やすお)
1931年生まれ。1956年、東映動画入社。『白蛇伝』(1958年)、『わんぱく王子の大蛇退治』(1963年)などの原画、『太陽の王子 ホルスの大冒険』(1968年)、『ルパン三世』(1971年)、『未来少年コナン』(1978年)、『ルパン三世 カリオストロの城』(1979年)、『じゃりン子チエ』(1981年)の作画監督を歴任。幾多のスタジオや専門学校で後進を育てた。2021年3月15日死去。2002年文化庁長官賞、2019年日本アカデミー賞協会特別賞受賞。著書に『作画汗まみれ 改訂最新版』『大塚康生画集──「ルパン三世」と車と機関車と』など。

大塚康生さんの世界

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

叶精二

叶精二(かのう・せいじ) 映像研究家、亜細亜大学・大正大学・女子美術大学・東京工学院講師

映像研究家。亜細亜大学・大正大学・女子美術大学・東京工学院講師。高畑勲・宮崎駿作品研究所代表。著書に『宮崎駿全書』(フィルムアート社)、「『アナと雪の女王』の光と影」(七つ森書館)、『日本のアニメーションを築いた人々 新版』(復刊ドットコム)、編著に『ルパン三世 PART1 絵コンテ集 「TV 1st series」秘蔵資料コレクション』(双葉社)、共著に『王と鳥 スタジオジブリの原点』(大月書店)、『マンガで探検! アニメーションのひみつ』(全3巻、大月書店)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

叶精二の記事

もっと見る