メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ウィル・スミス平手打ちが全世界に中継した「マッチョ、ノーサンキュー」

矢部万紀子 コラムニスト

 3月31日の「太田光のつぶやき英語」(Eテレ)は、米アカデミー賞の話題(ほぼウィル・スミス氏の平手打ち事件)から始まった。Twitterの投稿を二つ紹介、一文ずつピックアップし、読んで、訳すという進行。

 Maria Shriverは「Love is not violent」(愛は暴力的じゃない)とつぶやいていた。Judiのつぶやきは「There is nothing sexy to me about not being able to control your temper」(感情を抑えられないなんて、ちっともセクシーじゃない)だった。

 Maria&Judi(マリジュディ!)という2人の女性の投稿、どちらもすごく腑に落ちた。今回のWill SmithとChris Rock(=プレゼンターのコメディアン)によるhappening(と「つぶやき英語」は言っていた)を見て、こう思っていたからだ。「愛情マッチョと単純マッチョ、どっちもノーサンキュー」。

 ということで、3月27日(現地)のアカデミー賞授賞式。日本でも話題のこの騒動、ざっくりとおさらいしてみる。

席に戻ってからもクリス・ロック氏に声を荒らげたウイル・スミス氏=WOWOWのアカデミー賞中継より拡大席に戻ってからもクリス・ロック氏に声を荒らげたウィル・スミス氏=WOWOWのアカデミー賞中継より
 クリス・ロック氏が「脱毛症」を公表している女優のジェイダ・ピンケット・スミス氏(ウィル・スミス氏の妻)の超短髪を揶揄。デミ・ムーア氏が超短髪で主演した映画になぞらえて、「『G.I.ジェーン2』で会えるといいね」→ウィル氏が壇上に駆け上がり、クリス氏に平手打ち→クリス氏はそこで「ジョークだった」と弁明→ウィル氏、席に戻って「妻の名前を口にするな」など放送禁止用語を使って怒鳴る→ウィル氏、主演男優賞受賞スピーチ。途中から涙を流して「私は愛を受け止める器でありたい。愛と配慮を伝える立場でありたい」→28日、ウィル氏、公式インスタグラムで謝罪。「愛と優しさの世界に暴力は必要ありません」(「太田光のつぶやき英語」訳)。

 この出来事についての受け止め方が日米で違う、という指摘がある。アメリカはウィル氏批判が強く、日本はウィル氏擁護。その差だという。アメリカは、暴力を否定する意識というか規範がある。日本はそこよりも、「家族思い」を評価する。そんな解説をたくさん見たり聞いたりした。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

矢部万紀子

矢部万紀子(やべ・まきこ) コラムニスト

1961年生まれ。83年、朝日新聞社に入社。宇都宮支局、学芸部を経て、週刊誌「アエラ」の創刊メンバーに。その後、経済部、「週刊朝日」などで記者をし、「週刊朝日」副編集長、「アエラ」編集長代理、書籍編集部長などをつとめる。「週刊朝日」時代に担当したコラムが松本人志著『遺書』『松本』となり、ミリオンセラーになる。2011年4月、いきいき株式会社(現「株式会社ハルメク」)に入社、同年6月から2017年7月まで、50代からの女性のための月刊生活情報誌「いきいき」(現「ハルメク」)編集長をつとめた後、退社、フリーランスに。著書に『美智子さまという奇跡』(幻冬舎新書)、『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』(ちくま新書)。最新刊に『雅子さまの笑顔――生きづらさを超えて』(幻冬舎新書)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

矢部万紀子の記事

もっと見る