メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「カムカムエヴリバディ」は怒濤の伏線回収で朝ドラを制御し、傑作になった

矢部万紀子 コラムニスト

 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」(NHK)のひなた役・川栄李奈さんが4月1日、「あさイチ」(同)に出演した。第一声は、「おはようございます。今日は1時間、文ちゃんとデイジーについて語りたいと思います」。

「カムカムエヴリバディ」(NHK)のヒロインの一人、ひなた役の川栄李奈さん=撮影・篠田英美拡大「カムカムエヴリバディ」(NHK)のヒロインの一人、ひなた役の川栄李奈さん=撮影・篠田英美

 ひなたはこの2日前、元カレ・文ちゃんから「デイジーにプロポーズする」と報告された。再び振られてしまった感じで、ネット界では「文ちゃんひどい」の反応も多数。自らそこにのっていく川栄さんの賢さに感心しつつ、気になるのはひなたの母・るい(深津絵里)と祖母・安子(上白石萌音)のこと。その日の放送で、ハリウッドから来たキャスティングディレクターのアニー・ヒラカワ(森山良子)=安子はほぼ確定した。とはいえ、アニー自身はそれを激しく隠しているし、翌週が最終週、つまり5話しか残されていない。いろいろと、間に合うのかー?

 と、気を揉ませるのが、「カムカムエヴリバディ」の日常だった。安子、るい、ひなたという3世代100年の物語を描く脚本は、15年前にも朝ドラを書いた藤本有紀さん。2度目だからこそ「新しい朝ドラ」をつくろうと決意した。そう前半終了時に書いた。が、すべてを見終えて感じたのは、藤本さんのもう一つの決意だった。

「カムカムエヴリバディ」の「不穏な未来」と「暗闇」が表す傑作の予感

 朝ドラを徹頭徹尾制御する。そういう意志を感じたのだ。作品の方向を定める。そうしたら右往左往せず、それに徹する。最後を見据え、そこに向かって物語を動かす運転手は自分。周囲の声、過去作品、そういうものに気を取られない。そんな意志。

 すると「あさイチ」の川栄さんも、少し違って見える。朝ドラを俯瞰で見ていた。適正距離を取れている、その表れが第一声。藤本さんの意志が出演者にも浸透し、だから「カムカムエヴリバディ」は“傑作朝ドラ”になった。そう思える。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

矢部万紀子

矢部万紀子(やべ・まきこ) コラムニスト

1961年生まれ。83年、朝日新聞社に入社。宇都宮支局、学芸部を経て、週刊誌「アエラ」の創刊メンバーに。その後、経済部、「週刊朝日」などで記者をし、「週刊朝日」副編集長、「アエラ」編集長代理、書籍編集部長などをつとめる。「週刊朝日」時代に担当したコラムが松本人志著『遺書』『松本』となり、ミリオンセラーになる。2011年4月、いきいき株式会社(現「株式会社ハルメク」)に入社、同年6月から2017年7月まで、50代からの女性のための月刊生活情報誌「いきいき」(現「ハルメク」)編集長をつとめた後、退社、フリーランスに。著書に『美智子さまという奇跡』(幻冬舎新書)、『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』(ちくま新書)。最新刊に『雅子さまの笑顔――生きづらさを超えて』(幻冬舎新書)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

矢部万紀子の記事

もっと見る