メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

加藤和樹&朝夏まなとインタビュー(上)、『THE Roots2022~Kazuki Kato×Manato Asaka~』

同い年の2人が“Roots”を辿り、オーケストラにのせて歌うコンサート

真名子陽子 ライター、エディター


 加藤和樹と朝夏まなとが、コンサート「THE Roots 2022~Kazuki Kato×Manato Asaka~」を開催する(6月25・26日:大阪・住友生命いずみホール、7月2・3日:東京・紀尾井ホール)。

 共に1984年生まれの2人が、タイトルにあるように“Roots”を辿るコンサートで、「プレイバック part 2」、「ギャランドゥ」、「涙のリクエスト」、「HERO」といった昭和歌謡から、ミュージカル『フランケンシュタイン』から「俺は怪物」、『オン・ユア・フィート!』から「CONGA」、そして2人が共演した『ローマの休日』から「ローマの休日」などのミュージカルナンバーまでを、オーケストラの演奏にのせて歌う。

 その同級生コンビに話を聞いた。テンポよく交わされる会話からお互いを信頼する様子が伺えて、同志感満載。オーケストラにのせて歌われる歌謡曲にミュージカルナンバー、そして、2人の同志感から繰り出されるトークに、コンサートへの楽しみが倍増するインタビューとなった。

同じ世代だからこその共通点があった

加藤和樹(左)と朝夏まなと拡大          加藤和樹(左)と朝夏まなと
 

――“Roots”を辿るというコンサートをすることになったきっかけって何でしょう?

加藤:ミュージカルコンサートや自身のライブを経験させていただく中で、デュエットをするなど今までやっていない事ができないかなぁと思っていたんです。朝夏まなとさんとはこれまで2度共演させていただいているんですが、とても信頼できる方で、そして1984年生まれの同い年なんです。そんな点から聴いてきた曲にも共通があり、お互いのルーツを音楽を通して“お客様と一緒に音楽の旅をする”という事ができたらおもしろいかなと企画しました。お客様にも「あの曲の時はこうだった」とかご自身のルーツをたどってもらえるのではないかと思います。

――最初からやるなら朝夏さんと一緒にやろうという企画だったんですね。

加藤:そうですね。絶対的に信頼がおける方なので!

朝夏:絶対的に信頼をしていただいてありがとうございます! 私は宝塚歌劇団を卒業して同い年の俳優さんに出会えたことが、とてもうれしかったんです。同級生というだけで仲間意識が強くなるんですよね。また、卒業してからいろんな方と共演させていただいていますが、2作品連続で共演させてもらって、ご縁があるなと感じていました。それを経て今回のコンサートでご一緒させていただくのですが、これまでは役を通して表現していましたが、今回は一個人として表現しますので、それがとても楽しみです。また、芸事を始める前の曲も歌わせていただけるので、自分自身も振り返ることができますし、それをお客様と共有できるということもすごく楽しみにしているんです。

――確かに、役ではなく一個人として表現することになりますね。

朝夏:そうなんです。最初はコンサートを2人でどういう風に作っていくんだろうと、イメージするのが難しかったのですが、打ち合わせでいろいろとお話をさせていただく中、共通点がたくさん出てきたので、それを反映したセットリストになっているので楽しみが倍増しました。

――どんな共通点があったのでしょう?

加藤:やはり同じ世代なので、学生時代に通ってきた音楽のラインが似ていたり、例えばジャニーズさんの歌ならこの曲だよね、といったそういう共通点ですね。

――初めて共演したのは『ローマの休日』(2020年)ですが、それより前に同い年というのは知っていたんですか?

加藤:『マタ・ハリ』の初演(2018年)を朝夏さんが観に来て下さったんです。退団してすぐだったよね?

朝夏:そうです。その時に同い年なんですと声を掛けさせてもらったんです。直接会ったら年上に見えたんですけど…(笑)

加藤:(笑)

朝夏:とてもしっかりされていたので!

今回のコンサートは新たな挑戦

加藤和樹拡大          加藤和樹

――タイトルに「ルーツ」とあるので、お2人の芸歴を書き出したら、ターニングポイントになる年齢が度々重なっていたんです。2002年18歳=加藤さんはジュノンボーイ・コンテストのファイナリスト、朝夏さんは宝塚で初舞台を踏まれていて、芸歴のスタートが一緒だったんです。そして、2005年21歳=加藤さんは『テニスの王子様』で初舞台、朝夏さんは新人公演で初主演、2008年24歳=加藤さんは武道館ライブをされて、朝夏さんはバウホールの初主演。2010年26歳=加藤さん声優に初挑戦、朝夏さんは東上作品初主演……ちょっと強引だったかな……。節目になる出来事のタイミングが一緒だなと。

加藤:不思議ですね。そう考えるとご縁ってやっぱりあるんだなぁと感じます。お芝居でもまた共演したいなと思いますし、今回のコンサートでは音楽を通して2人のルーツを知ってもらいますが、そういう意味では出会いって貴重だなと思います。

朝夏:調べて下さってありがとうございます。今おっしゃってくださった転機を思い返してみると、すごくしんどかったなぁと思っていた時期に、武道館でコンサートをするというすごい経験をしている加藤さんはすごいなぁと思います。そんな風に振り返ってみるとおもしろいですね。

――公表されている楽曲が、『プレイバック part2』『ギャランドゥ』など、もちろんタイムリーには知らないと思うんですけれども、選曲はどういう風にされたんですか?

加藤:時代を超えても色褪せない楽曲ってたくさんあるので、音楽に携わっているからには歌いつなぐこともすごく重要なことなんじゃないかなと思うんです。なので最近、自身でもカバー曲を歌わせてもらっているんです。若い世代の人たちにとってその名曲に触れることですごく新鮮に感じたり、リアルタイムに聞いていた方には懐かしいと感じる。また、当時と違うアーティストの声で聞くことができるという新しさ。そういう風に時代とともに巡り巡っていく良さがあると思うので、今回オーケストラコンサートで歌わせていただくことは新たな挑戦でもあります。

――きっとお客様は走馬灯のようにその時代のことが蘇ってくると思います。

加藤:そうですね。自分たちだけでなく、お客様のルーツを辿るコンサートでもあるなと思います。

◆公演情報◆
『THE Roots 2022~Kazuki Kato×Manato Asaka~』
大阪:2022年6月25日(土)~26日(日) 住友生命いずみホール
東京:2022年7月2日(土)~3日(日) 紀尾井ホール
※チケットの一般販売:4月30日10:00にスタート
公式ホームページ
[出演]
歌:加藤和樹、朝夏まなと
指揮:山下康介
演奏:THE Roots チェンバーオーケストラ
〈加藤和樹プロフィル〉
 2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴びる。翌年Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。音楽活動と並行し、舞台・ミュージカル・映像作品にも多数出演。俳優・声優としても活躍の場を広げている。近年の主な出演作品は、『冬のライオン』、『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』、『ジャック・ザ・リッパー』、『マタ・ハリ』、『BARNUM』、『ローマの休日』など。第46回菊田一夫演劇賞 演劇賞を受賞。7月22日~26日にはコンサート「Kazuki Kato NAKED 2022」を開催。5月~ミュージカル『るろうに剣心』、9月~『裸足で散歩』、2023年1月~『キングアーサー』への出演が決まっている。
オフィシャルサイト
公式twitter
〈朝夏まなとプロフィル〉
 2002年宝塚歌劇団入団。花組へ配属。2012年宙組へ組替えし、2015年宙組トップスターに就任。2017年『神々の土地/クラシカル ビジュー』で宝塚歌劇団を退団。退団後はミュージカルを中心に活躍中。近年の主な出演作品は、『マイ・フェア・レディ』、『王家の紋章』、『メリリー・ウィー・ロール・アロング』、『BARNUM』、『ローマの休日』など。第45回菊田一夫演劇賞 演劇賞を受賞。『こどもの一生』出演中。9月~『モダン・ミリー』、11月~『天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト〜』への出演が決まっている。
オフィシャルサイト
公式instagram

・・・ログインして読む
(残り:約1148文字/本文:約4617文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

真名子陽子

真名子陽子(まなご・ようこ) ライター、エディター

大阪生まれ。ファッションデザインの専門学校を卒業後、デザイナーやファッションショーの制作などを経て、好奇心の赴くままに職歴を重ね、現在の仕事に落ち着く。レシピ本や観光情報誌、学校案内パンフレットなどの編集に携わる一方、再びめぐりあった舞台のおもしろさを広く伝えるべく、文化・エンタメジャンルのスターファイルで、役者インタビューなどを執筆している。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

真名子陽子の記事

もっと見る