メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

母に捧げるソウル公演、つかこうへい再び舞台へ

韓国で再び舞台演出を①

長谷川康夫 演出家・脚本家

「演出家つかこうへい 韓国で復活!」

拡大つかこうへい=1987年撮影
 『二代目はクリスチャン』が公開された1985年の9月。つかの姿は日本にはなかった。

 韓国ソウルで、向こうの俳優たちを使って、芝居の稽古に入っていたのだ。つかが舞台に携わるのは、我々の劇団の解散公演から、ほぼ3年ぶりのことだ。

 演目は代表作である『熱海殺人事件』。

 つかはその顛末のようなものを、1990年に出した『娘に語る祖国』の中で綴っているが、そこの部分の大まかな事実関係に嘘はないとして、ひとつひとつのエピソードや登場人物の描写のようなものは、例によって「読み物」を意識したフィクションが大半である。

 何よりもまず、『娘に語る祖国』では、この韓国行きは娘のみな子が誕生した翌々年となっているのだが、これがすでに嘘である。みな子が生まれたのは85年の12月14日で、つかが韓国での公演を終え、帰国した直後なのだ。

 つかの中にどういった狙いがあったかはわからない。「語る」相手である、最愛の「おまえ」を日本に残し、オレは「祖国」で戦ったのだ――と、そんな形で〝物語〟を進めたかったということかもしれない。

 「韓国で向こうの役者使って〝熱海〟やるぞ」

 それをつかから聞いたのは、その年の5月頃だった。はっきり記憶にあるわけではない。そう言い切れるのは、これもまた雑誌『ホットドッグプレス』のおかげである。というのも、当時僕はそこで、前述した連載とは別に、つかの韓国公演を追ったルポのようなものを5ページにわたって書いているのだ。今回はその誌面のコピーが、僕の記憶をあれこれ補ってくれていることを、まず断っておく。

 ちなみに記事のタイトルは「演出家つかこうへい 韓国で復活!」。

 担当編集者だった原田隆がつけたものだ。

前回①志穂美悦子のために書いた『二代目はクリスチャン』 は こちら

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

長谷川康夫

長谷川康夫(はせがわ・やすお) 演出家・脚本家

1953年生まれ。早稲田大学在学中、劇団「暫」でつかこうへいと出会い、『いつも心に太陽を』『広島に原爆を落とす日』などのつか作品に出演する。「劇団つかこうへい事務所」解散後は、劇作家、演出家として活動。92年以降は仕事の中心を映画に移し、『亡国のイージス』(2005年)で日本アカデミー賞優秀脚本賞。近作に『起終点駅 ターミナル』(15年、脚本)、『あの頃、君を追いかけた』(18年、監督)、『空母いぶき』(19年、脚本)などがある。つかの評伝『つかこうへい正伝1968-1982』(15年、新潮社)で講談社ノンフィクション賞、新田次郎文学賞、AICT演劇評論賞を受賞した。20年6月に文庫化。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

長谷川康夫の記事

もっと見る