メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

必見! 阪本順治の『冬薔薇』──荒んだモラトリアム期の若者を活写

藤崎康 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

 阪本順治監督の新作、『冬薔薇(ふゆそうび)』が公開された。黒沢清、濱口竜介らとともに日本映画界を牽引する阪本のフィルモグラフィーの中でも、屈指の傑作である。──舞台は横須賀の港町。主人公の渡口淳(伊藤健太郎)は、25歳になる今まで定職に就いたことがなく、海運業を営む両親とも心が離れている。地元の不良グループとつるんで虚勢を張り、デザイナー志望だと口にしているが、在籍中の服飾専門学校にもほとんど通わず、友人や女から金をせびっては自堕落に生きている。

 淳はいわば、荒(すさ)んだモラトリアム期にあるのだが、阪本順治は、淳と家族、親類、友人、不良グループらとのギクシャクした不安定な関係を、突き放すような、ささくれたようなタッチで描いていく。感傷的なきれいごとを排した、かといってシニカルな残酷さ一辺倒でもない絶妙な描法だが、それによって、未だ何者でもない淳の「寄る辺なく漂う」日々が、リアルに浮き彫りにされる。

『冬薔薇(ふゆそうび)』 6月3日(金)より、東京・新宿ピカデリーほか全国ロードショー 配給:キノフィルムズ ©2022「冬薔薇(ふゆそうび)」FILM PARTNERS 
拡大『冬薔薇(ふゆそうび)』 6月3日(金)より、東京・新宿ピカデリーほか全国ロードショー 配給:キノフィルムズ ©2022「冬薔薇(ふゆそうび)」FILM PARTNERS

 淳の「寄る辺なさ」については、阪本自身、インタビューでこう語っている──「主人公が寄る辺なく漂う話にしたいという基本線は、まず自然に〔伊藤健太郎と面接して〕固まりました。自分とも向き合えず、本当の意味で他者と関わり合った経験もなく、ただ流されるままに生きてきた青年が、答えを見つけられないまま彷徨う様子を描こうと」(プレス資料:なお、伊藤健太郎には車の衝突事故で問題になった過去があるが、阪本は伊藤にアテ書きして本作の脚本を執筆したという)。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

藤崎康の記事

もっと見る