メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

『三姉妹』の主演ムン・ソリが語る「既婚女性たちの痛みの共有」

「私たちの娘が大人になるころには、家父長制度も暴力もない世界になっていてほしい」

二ノ宮金子  フリーライター

 『ペパーミント・キャンディー』『オアシス』などで知られる韓国の名優、ムン・ソリが、脚本にほれ込み、主演のみならずプロデューサーも買って出た『三姉妹』が、6月17日より全国公開される。

『三姉妹』 6月17日(金)より東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー ©2020 Studio Up. All rights reserved. 配給:ザジフィルムズ拡大『三姉妹』 6月17日(金)より東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー ©2020 Studio Up. All rights reserved. 配給:ザジフィルムズ

 別れた夫の借金を返済しながら花屋を営む長女ヒスクは、反抗期の娘、ときおりお金の無心をする元夫に悩まされている。一男一女に恵まれ、高級マンションに引っ越ししたばかりの次女ミヨンは、熱心なキリスト教徒だ。劇作家の三女ミオクは、夫と連れ子と暮らしているがスランプで酒浸りの日々。それぞれに問題を抱える姉妹は、久しぶりに父の誕生日会で顔をそろえるが……。

 これは、30代、40代になった既婚女性たちの物語。そこにはロマンスもなければ派手なアクションも登場しない。あるのは家庭崩壊寸前、平穏からはほど遠い日々……。韓国の家父長制度のもとに、しいたげられてきた三姉妹の心に寄り添い、彼女たちが新たな歩みを進めるまでを、丁寧に、丁寧に描いた。

 日本ではまだ名の知られていないイ・スンウォン監督(1977年生まれ)だが、長女ヒスクを演じたキム・ソニョン(ドラマ「愛の不時着」で北朝鮮の人民班長役でおなじみ)の公私にわたるパートナーでもある。日本での公開は『三姉妹』がはじめてだが、名匠イ・チャンドン監督もその手腕を絶賛する将来有望な監督だ。

 主演の次女ミヨン役とプロデューサーを務めたムン・ソリに、本作への思いを聞いた。

ムン・ソリ
1974年7月2日、韓国プサン生まれ。1999年、イ・チャンドン監督の『ペパーミント・キャンディー』でデビュー。2002年、同監督の『オアシス』でヴェネツィア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)、青龍映画賞新人賞、2003年の『浮気な家族』では韓国のアカデミー賞といわれる大鐘賞の最優秀主演女優賞などを受賞。そのほかの出演作品に『3人のアンヌ』『自由が丘で』『お嬢さん』など。

ムン・ソリ拡大ムン・ソリ © C-JeS ENT
──別れた夫の借金を返済している長女ヒスク、常に完璧なフリをして自分を制している次女ミヨン、酒浸りの三女ミオク。姉妹であっても、似て非なる人生を歩んでいます。出演依頼は、最初から次女ミヨンの役だったのでしょうか。

ムン・ソリ そうですね。最初からイ・スンウォン監督は私に対して、次女の役割でキャスティングしたいとおっしゃっていました。実は三女役をやりたかったんですけど、私の年齢が上すぎるので言い出せませんでした(笑)

──しっかり者で一番の成功者に見える次女のミヨンですが、劇中で「憎悪」という感情の爆発が見られるなど、かなり難しいシーンも登場します。どのようにこの役と向き合われたのでしょう。

ムン・ソリ 脚本を読んでもミヨンに距離感はありませんでした。なぜなら、私の中にもミヨンと似たような部分があると思ったからです。ミヨンは次女であるにもかかわらず、自分がしっかりしなければという長女の気持ちをずっと持って生きてきた人です。だから家族に対しても大きな責任感を持っています。家族の面倒をしっかりみないといけないと思っているから不安にもなります。そんな気持ちが彼女を宗教に走らせてしまいました。

 私の中でミヨンは特別な人ではなくて、自然に納得できるキャラクターでした。そして非常に孤独で寂しい人でもあり、苦しい人生を生きている人だということを感じられたので、特にこの役にアプローチする必要はなかったのです。

©2020 Studio Up. All rights reserved.拡大©2020 Studio Up. All rights reserved.

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

二ノ宮金子

二ノ宮金子 (にのみや・きんこ) フリーライター

カルチャー雑誌などの編集者、ライターを経て、フリーに。映画、本、食、温泉などを中心に執筆。関心領域は、貧困、不登校、子どもの病気なども。主な資格に、美容師免許、温泉ソムリエ、サウナ・スパ健康アドバイザーなど。ツイッターは、 https://twitter.com/kinko_ninomiya

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです