メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

沖縄の現代美術作家たちはアメリカと基地を見つめ続ける

復帰後世代4人のグループ展「PARADISE OKINAWA」

菊地史彦 ケイズワーク代表取締役、東京経済大学大学院(コミュニケーション研究科)講師

「復帰」後の作家たち

 沖縄の現代美術作家がグループ展「PARADISE OKINAWA」(~8月6日[土])をやっているというので、東京・南麻布のMISA SHIN GALLERYへ出かけた。

 出展しているのは、照屋勇賢、石垣克子、伊波リンダ、上原沙也加の4人。1967年生まれの石垣から1993年生まれの上原まで、復帰後50年の年に各世代の作品が同じ空間で体験できるのは面白い趣向だと思っていた。

 ギャラリーはこじんまりした空間だが、気持ちの良い配置で作品が展示されている。

「PARADISE OKINAWA」展開催中のMISA SHIN GALLERY拡大「PARADISE OKINAWA」展開催中のMISA SHIN GALLERY=MISA SHIN GALLERY提供

 ここを運営している辛美沙さんとは、15年ぶりに沖縄で会った。5年前に移住したというがちっとも知らなかった。1泊目のホテルで、短い旅の計画を考えていたときに、Messengerに連絡が入った。

 沖縄というのは、不思議な具合に人がつながるところで、辛さんは、ちょうど同じ時期に那覇にいた翻訳者の木下哲夫さんとも浅からぬ縁があった。木下さんの友人で建築家の銘苅靖さんにも合流してもらって4人で食事をした。この展覧会のことは、その場で聞いた。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

菊地史彦

菊地史彦(きくち・ふみひこ) ケイズワーク代表取締役、東京経済大学大学院(コミュニケーション研究科)講師

1952年、東京生まれ。76年、慶應義塾大学文学部卒業。同年、筑摩書房入社。89年、同社を退社。編集工学研究所などを経て、99年、ケイズワークを設立。企業の組織・コミュニケーション課題などのコンサルティングを行なうとともに、戦後史を中心に、<社会意識>の変容を考察している。現在、株式会社ケイズワーク代表取締役、東京経済大学大学院(コミュニケーション研究科)講師、国際大学グローバル・コミュニケーションセンター客員研究員。著書に『「若者」の時代』(トランスビュー、2015)、『「幸せ」の戦後史』(トランスビュー、2013)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

菊地史彦の記事

もっと見る