メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「ビーチ・ボーイズ」ブライアン・ウィルソンの光と翳

印南敦史 作家、書評家

ずっと理解できなかった

 最初に明らかにしておかなければならないことがある。誤解を受けやすいことであり、場合によっては非難の対象にもなるかもしれないが、だからこそ自分の気持ちは正直に記しておくべきだと考えるのである。

 ビーチ・ボーイズ、とりわけその中心人物であるブライアン・ウィルソンについてだ。

 端的にいえば私はずっと、ビーチ・ボーイズの音楽の魅力がよく理解できなかった。子どものころから聴いてきたブラック・ミュージックとくらべると(そもそも、くらべることが間違っているのだが)、「サーフィン・U.S.A.」「グッド・バイブレーション」「神のみぞ知る」など一連のヒット曲は厚みに欠けるように感じたし、だからマニアの間では高い評価を受けていた名作『ペット・サウンズ』についても「よくわからなかった」のだ。

 しかも音楽マニアの間には、彼らのことを悪くいいづらい空気が流れているようにも思っていた。もちろん悪くいう気などなかったけれども、ビーチ・ボーイズ界隈には、「理解できない」人間が立ち入る隙などなかったのだ。

 そんなこともあってか、やがて気がつけば、ビーチ・ボーイズやブライアンについての話題を避けるようにもなっていた。理解できない以上、ああだこうだ主張する資格などないし、議論を戦わせて勝てる自信もなかったからだ。

 しかしその半面、いつか、その扉を開けなければいけないのだろうと思ってもいた。開けるべきタイミングが、この先のどこかで訪れるのかもしれないとも。ただ、それがいつのことになるのか、まったく見当がつかないまま、ただ時間だけが過ぎていたのだった。

 だから、『ブライアン・ウィルソン/約束の旅路』(8月12日公開)というドキュメンタリー映画が、彼とこのバンドを理解するきっかけになったことは少し意外であり、そしてうれしいことでもあった。

『ブライアン・ウィルソン/約束の旅路』
 Ⓒ2021TEXAS PET SOUNDS PRODUCTIONS, LLC
■配給: パルコ ユニバーサル映画
8/12(金)より、東京「TOHOシネマズ シャンテ」「渋谷ホワイトシネクイント」ほかにて全国公開拡大『ブライアン・ウィルソン/約束の旅路』  Ⓒ2021TEXAS PET SOUNDS PRODUCTIONS, LLC  配給: パルコ ユニバーサル映画 8月12日(金)より、東京「TOHOシネマズ シャンテ」「ホワイト シネクイント」ほかにて全国公開

 なお、本論に入る前にもうひとつ。この原稿の結論もまた、私の個人的な感じ方に過ぎないことをお断りしておきたい。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

印南敦史

印南敦史(いんなみ・あつし) 作家、書評家

1962年、東京生まれ。広告代理店勤務時代に音楽ライターとなり、音楽雑誌の編集長を経て独立。「ダ・ヴィンチ」「ライフハッカー(日本版)」「東洋経済オンライン」「ニューズウィーク日本版」「サライ.JP」「WANI BOOKOUT」など、紙からウェブまで多くのメディアに寄稿。著書に『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)、『人と会っても疲れない コミュ障のための聴き方・話し方』(日本実業出版社)、『書評の仕事』 (ワニブックスPLUS新書)など多数。新刊に『遅読家のための読書術──情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣』(PHP文庫)、読書する家族のつくりかた──親子で本好きになる25のゲームメソッド』(星海社新書)。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

印南敦史の記事

もっと見る