メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

『ざんねんないきもの事典』が初ミュージカル化 出演者に聞く(上)

眞嶋秀斗&前田隆太朗&坪倉康晴インタビュー

大原薫 演劇ライター

 シリーズ累計発行部数470万部の今泉忠明監修『ざんねんないきもの事典』(高橋書店)。思わず「どうしてそうなったの⁉」と突っ込みたくなるような「ざんねんな生き物」たちを描いて大人気の児童書が今回初めて舞台化される。作・演出はナンセンスなギャグを次々に繰り出し、独特の疾走感のある舞台に定評がある村上大樹(拙者ムニエル)。ざんねんだけど、おもしろくって、タメになる、客席を巻き込んで楽しめる“ざんねん系おもタメミュージカル”になるという。

 稽古が佳境に差し掛かろうとする中、出演の眞嶋秀斗、前田隆太朗、坪倉康晴に話を聞いた。

村上大樹ワールドはかなり攻めた内容に

左から、坪倉康晴・前田隆太朗・眞嶋秀斗=中村嘉昭 撮影拡大左から、坪倉康晴・前田隆太朗・眞嶋秀斗=中村嘉昭 撮影

――最初にミュージカル『ざんねんないきもの事典~いきものたちの逆襲~』の台本を読んだときはどう思われましたか?

前田:台本をいただく前にいろいろ想像していたんですが、予想を超えていましたね(笑)。僕や(坪倉)康晴、他の演者さんは1人何役も演じるんです。僕が思ったのは「早替え、どうしよう」ということですね。

坪倉:元々「小さい子供から大人まで、どの世代でも楽しんでいただける」というお題だったので、コメディ要素は結構あるのかなと想像していたんですけど、稽古が始まってみると思った以上に個性を出してくる演者さんばかりで、稽古をしていてもめちゃくちゃ面白くて。観にいらっしゃる皆さんにも楽しんでいただけるんじゃないかなと思ってます。

眞嶋:僕はですね……。

前田:座長!

眞嶋: あはは(笑)。僕が演じる「しゅうた」という小学生の視点で動物たちと触れ合っていくんですけど、出てくる動物たちが稽古前に想像していたよりもかなり珍しいというか。キリンとかポピュラーなものが出てくるのかと想像していたんですよ。知ってる動物もちょこちょこ出てきますが、具体的にどういう生き物か知らなかったり、「そんなに魅力的なんだ」という動物が出てくるんです。「ざんねんないきもの事典」なので、かなり攻めてくるなという印象ですね。今まで触れたことがないような動物が出てくるのは楽しいなと思います。

左から、坪倉康晴・前田隆太朗・眞嶋秀斗=中村嘉昭 撮影拡大左から、坪倉康晴・前田隆太朗・眞嶋秀斗=中村嘉昭 撮影

――村上大樹さんの演出はいかがですか。

前田:いやもう、素晴らしいですよ。

眞嶋・坪倉:(笑)

眞嶋:もっと具体的に言って(笑)。

前田:ミュージカルなので曲があるんですが、村上さんが振付をしてくれるところが結構あるんです。村上さんの背中についていきたくなるような、全体を引っ張ってくれている感覚がありますね。

眞嶋 僕は村上さんの演出を受けるのは初めてなんですけど、村上さんワールドが広がっているのを感じます。独特の村上さんワールドが最初からにじみ出ているので、自分も早くそこにたどり着きたいなと思っています。稽古場が明るく楽しいので、僕自身、夏の蒸し暑さを忘れて、毎日稽古をやっています。

坪倉:僕は村上さんの演出は2回目なんですが、稽古を通して村上さんが演者よりも楽しんでいるなって感じます。もちろん演者の僕たちも楽しんでいるんですけど、村上さんがボケたりするのは今まであんまり見たことがなくて。

眞嶋・前田:(笑)

坪倉:相当楽しいんだろうなと思いますね。

左から、坪倉康晴・前田隆太朗・眞嶋秀斗=中村嘉昭 撮影拡大左から、坪倉康晴・前田隆太朗・眞嶋秀斗=中村嘉昭 撮影

◆公演情報◆
『ざんねんないきもの事典 ~いきものたちの逆襲~』
2022年8月18日(木)~28日(日) 池袋・あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)
公式ホームページ
[スタッフ]
原作:『ざんねんないきもの事典』シリーズ(高橋書店)
脚本・作詞・演出:村上大樹(拙者ムニエル)
音楽:楠瀬拓哉
[出演]
眞嶋秀斗、前田隆太朗、坪倉康晴、田崎礼奈
矢島舞美、加藤啓、野口かおる
小川菜摘
〈眞嶋秀斗プロフィル〉
 2012年~2014年までavex Rookie Boys、aLovaL Boys EASTとして活動。その後、ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズンに桃城武役で出演し、ミュージカルや舞台を中心に活躍中。主な出演作品は、『パレード』、『象』、conSept ヤングアダルト・シリーズ #1 『アーモンド』など。
公式twitter
公式instagram
〈前田隆太朗プロフィル〉
 15年より本格的に俳優活動を開始。翌年、LIVEショー「ONE PIECE LIVE ATTRACTION2」で主演のルフィを射止める。2017年ミュージカル「テニスの王子様 青学vs立海」の切原赤也役に合格。主な出演作品は、『NARUTO -ナルト-』、『霧の中のノスフェラトゥ〜ドラキュラ伝説〜』、『鬼滅の刃』など。10月に、アナタを幸せにする世界の伝説シリーズvol3『ジェヴォーダンの怪物~狼男伝説~』への出演を控えている。
公式サイト
公式twitter
〈坪倉康晴プロフィル〉
 2020年に劇団番町ボーイズ☆のメンバーに加入。劇団番町ボーイズ☆以外の舞台作品にも多数出演。主な出演作品は、ミュージカル『DREAM!ing』、舞台『魔法使いの約束』、『霧の中のノスフェラトゥ〜ドラキュラ伝説〜』など。11月に、ミュージカル「Shuffle !〜まぜこぜ図書館『若草三銃士物語』〜」への出演を控えている。
公式twitter

・・・ログインして読む
(残り:約1058文字/本文:約3201文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


関連記事

筆者

大原薫

大原薫(おおはら・かおる) 演劇ライター

演劇ライターとして雑誌やWEB、公演パンフレットなどで執筆する。心を震わせる作品との出会いを多くの方と共有できることが、何よりの喜び。ブロードウェー・ミュージカルに惹かれて毎年ニューヨークを訪れ、現地の熱気を日本に伝えている。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

大原薫の記事

もっと見る