メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

戦争体験の風化と歴史修正主義に抗って

敗戦から77年、演劇を通して考え続ける

古川 健 劇作家(劇団チョコレートケーキ)

戦争劇6本を一挙上演する

 俳優として所属していた劇団チョコレートケーキというおかしな名前の劇団の座付き作家になったのが2009年のこと。それからいつの間にかもう13年の年月が経過した。その間に、劇団だけでも18本の戯曲を書いてきた。その他の仕事を合わせれば倍にはなるだろう。

 今年の夏、日本の戦争にまつわる6本を、東京芸術劇場で一気に上演する機会をいただいた。同じ劇作家の作品が同時期にこれだけ上演されるということは滅多にないことだろう。とても光栄だとありがたく感じると共に、我ながらしつこく『日本の戦争』について取り上げているものだと半ば呆れた気持ちにもなる。

 昔、誰かがこう言っていた。「言いたいことがあるなら芝居にせずに講演しろ」と。

 このあたり説明するのが非常に難しいのだが、少なくとも私は演劇をやりたいから戯曲を書き続けている。何事かを世に訴えたいという初期衝動はまるでなかった。

 そもそも演劇という芸術は、劇場で観客と俳優が生身で対峙することによって成立する。必然的に劇場に足を運ばない人にとっては存在しないに等しい。だから多数に意見を表明するのには不向きな芸術なのだ。

 多数の人に言いたいことを届けたいなら、それにふさわしい表現方法があるだろう。私は演劇が作りたいから戯曲を書いている。そこに自分の言いたいことを込めるのは、「そういう演劇」が作りたいからなのだ。

拡大劇団チョコレートケーキ『帰還不能点』(写真:池村隆司)
 それではなぜ私は戦争について書き続けてきたのか?

 それはそこに自分の興味があるからだとしか答えようがない気がする。

 私は戦争について考えたい。どうして誰も望まないはずの戦争が起きてしまうのか考えたい。戦争によって運命を狂わされた人々の内面を考えたい。傷つきなお生きることを望む人間の強さと弱さについて考えたい。

 そして少数でも劇場に来てくださったお客様と、自分の考えたことを共有したい。ほんの少しの時間でも、お客様にも戦争について考えて欲しい。私にとってはそれもまた、面白い芝居を作るということの一つの形なのだ。

劇団チョコレートケーキ公演
「生き残った子孫たちへ 戦争六篇」
2022年8月17日~9月4日
東京・池袋の東京芸術劇場
 シアターウエストとシアターイースト
全作品の脚本・古川健、演出・日澤雄介

◆シアターウエスト
8月18~21日、26日
 『追憶のアリラン』(2015年初演)
8月24~25日、27日
 『無畏』(20年初演)

◆シアターイースト
8月17~21日
 『帰還不能点』(21年初演)
8月25、26日
  短編連続上演『〇六〇〇猶二人生存ス』(14年初演)/『その頬、熱線に焼かれ』(15年初演)
8月29日~9月4日
 『ガマ』(新作)

詳しくはこちらへ。

『追憶のアリラン』『無畏』『帰還不能点』『ガマ』は配信も(2022年9月17日10時~10月16日22時)。日本語字幕、『追憶のアリラン』にはハングル字幕もある。購入は劇チョコストアから。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

古川 健

古川 健(ふるかわ・たけし) 劇作家(劇団チョコレートケーキ)

1978年生まれ。駒澤大学OBを中心に2000年に結成された「劇団チョコレートケーキ」に02年から俳優として参加。09年から座付き作者として、数々の作品を書き下ろす。国内外の近現代史に取材した戯曲を数多く手掛けている。劇団はいずれも筆者が書いた『治天ノ君』(13年)で第21回読売演劇大賞選考委員特別賞、「◯六◯◯猶二人生存ス」「サラエヴォの黒い手」「親愛なる我が総統」(14年)で第49回紀伊國屋演劇賞団体賞を受けた。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです