メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「北海盆唄」~盆踊りの源泉は民衆の猥雑な情念の発露にあり 前編

【50】『8時だョ!全員集合』が北海盆唄を全国区にした⁉

前田和男 翻訳家・ノンフィクション作家

「北海盆唄」北海道民謡
作詞・不詳/編曲・今井篁山(1940年)

 盆踊りの季節がやってきた。

 この2年間、日本全国のほとんどの盆踊りは、コロナ禍で中止を余儀なくされたが、今年は再開が相次いでいる。古来、盆踊りとは、厄災を払って豊年を願うための集団的治癒祈念の習俗なのだから、それは当然の成り行きで、むしろ遅きに失したというべきなのかもしれない。

 本来はその地域で生まれ育った盆唄で踊るものだったが、それは戦後の高度経済成長のなかで地域共同体の解体と軌をいつにして次々と失われ、いつしか多くの地域では盆踊りのBGMの定番は、全国的に知られる「♪月が出た出た」の「炭坑節」と「♪踊りおどるなら」の「東京音頭」に取って代わられていった。そして、高度成長にかげりがみえ日本経済が巡航速度に入ったあたりから、これにもうひとつ“他所からの借り物”が加わって3番目の定番となったのが「北海盆唄」であった。

盆踊り 拡大札幌市の盆踊り大会=2017年  peacefoo/shutterstock

『8時だョ!全員集合』の導入歌に

 その契機は、「その替え歌がザ・ドリフターズの『8時だョ!全員集合』(TBS)で、オープニングソングになったから」が定説とされている。

ドリフ拡大「北海盆唄」を一躍有名にしたザ・ドリフターズ=2005年、東京で開かれた渡辺プロダクションのパーティーで、中井征勝氏撮影

 『8時だョ!全員集合』といっても、これを実体験として記憶にビルトインされている日本人はすでに50歳を越えているかもしれない。この歴史的エンタテイメント事件もいまや国民的集団記憶とはいいがたいので、未知の読者のために概要を簡単に説明しておくと、『8時だヨ!全員集合』は、毎週土曜の夜8時から1時間、ザ・ドリフターズによるコントと歌に豪華ゲスト陣がからむ完全公開生のバラエティ番組であった。1969年にスタートして終了する1985年までの16年間で803回を数えた。

 たしかに1969年にスタートして終了する1985年までの16年間で、視聴率は平均27%、最大時は50%を超えたお化け番組の導入歌となれば、北海道ローカルの民謡が全国区の盆唄に大抜擢されて当然だろう――私も当初はそう思っていた。

 そして、その理由は、それが国民的エンタメ番組の“毒消し”の役をはたしたからではないか程度とみていた。

“俗悪番組”の見事な毒消し役

 そもそも『8時だョ!全員集合』は、日本PTA全国協議会から「青少年に悪影響を及ぼす俗悪番組」として、チャンネルの切り替えや不買運動の脅しをくらいつづけた。

 その“社会健全化圧力”をうけながら、毎回、番組は、リーダーのいかりや長介の指揮のもと、はっぴ姿のドリフのメンバー5人による、

♪エンヤー コーラヤット ドッコイ ジャンジャン コーラヤ
ハァー ドリフ見たさに チャンネル コリャ まわしたら
今日もなァー 今日も逢えたよ コーリャ ソレサナー 五人の色男……

 の、健全きわまりないオープニングソングで開演。そして、ドリフターズによるコントと歌に豪華ゲスト陣がからんで、最後は、これまた健全きわまりない「いい湯だな」の替え歌である「ビーバノンノン」が流れるなか、ドリフのメンバー5人の「風邪ひくなよ」「宿題やってるか」などの視聴者への問い掛けでおわる。

 これによって、教育団体から目の敵にされた「ちょっとだけよ。あんたも好きねえ」(加藤茶)、「カラスの勝手でしょ」(志村けん)などの“俗悪ギャグ”は浄化されてチャラに。かくしてチャンネル切り替えの脅しのクレームは国民から支持されている「勲章」に転換され、視聴率はびくともしなかった。

 なんとも見事な“毒消し”の演出。おかげで、803回もの奇跡の長寿をまっとうし、いつしか元唄である「北海盆唄」は、北海道以外のお盆で、「炭坑節」と「東京音頭」につづく第3の定番BGMとなり、その出だしの

 ♪北海名物 数々あれど おらが国さの アレサヨー盆踊りヨ

 は、多くの国民にすり込まれていった。

 と、久しくそう思っていたのだが、ところが、よくよく考察してみると、両者の因果はそんな単純かつ単線的な関係ではなさそうなのだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

前田和男

前田和男(まえだ・かずお) 翻訳家・ノンフィクション作家

1947年生まれ。東京大学農学部卒。翻訳家・ノンフィクション作家。著作に『選挙参謀』(太田出版)『民主党政権への伏流』(ポット出版)『男はなぜ化粧をしたがるのか』(集英社新書)『足元の革命』(新潮新書)、訳書にI・ベルイマン『ある結婚の風景』(ヘラルド出版)T・イーグルトン『悪とはなにか』(ビジネス社)など多数。路上観察学会事務局をつとめる。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

前田和男の記事

もっと見る