メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

仲間が続々ソウル入り、上演不許可乗りこえたつかこうへい

韓国で再び舞台演出を⑤

長谷川康夫 演出家・脚本家

 1982年に劇団を解散し、演劇の現場から離れていたつかこうへいは、85年に、ソウルで韓国の俳優たちと『熱海殺人事件』を作りました。開幕は目前です。そこへーー。

【韓国で再び舞台演出を】のこれまで
 ①母に捧げるソウル公演、つかこうへい再び舞台へ
 ②つかこうへい演劇の本質照らしたソウル版『熱海殺人事件』
 ③日韓を結んだ大プロデューサーとつかこうへい
 ④ソウル版『熱海殺人事件』への石丸謙二郎の貢献

金浦空港、『ホットドッグプレス』の運命は

 つかこうへいが祖国で初めて手がける芝居、『ソウル版・熱海殺人事件』のルポのため、『ホットドッグプレス』の担当編集者原田隆とともに、再び韓国を訪れたのは、1985年10月29日、公演初日の3日前だった。

 20時40分、金浦空港到着。飛行機を降り、空港ロビーに入ったとたん漂ってくるニンニクの香りは、〝ソウル熱〟に感染したままの僕らに、再びこの地に来たことを実感させてくれ、気持ちはいやが上にも高まる。

 そしてその実感は、すぐ別の形でダメ押しされることになった。

拡大1985年の韓国。【上】毛筆でハングルの習字をするソウルの小学生【下】休戦ライン付近の韓国「勝利部隊」の兵士たち。山岳地帯を警戒し、板門店とは違う緊張感がある
 3週間前の訪問では、記事の「予備取材」と称しながらも、それがどんな雑誌に載るか、こちらの芝居関係者たちに伝えることが出来なかった。その反省から、今回、原田は意気揚々と『ホットドッグプレス』の最新号を持って来ていたのだが、なんと税関であっさり没収されてしまうのだ。

 その号が「若者のセックス」特集だったからである。

 表紙をデカデカと飾る「SEX」の3文字に目をやった係官は、それだけでページを開くこともなく首を左右に振り、次の瞬間、1冊だけの『ホットドッグプレス』は後ろの籠にポイと放り込まれた。別に裸の写真があったわけでもない。1985年の韓国はまだそういう国だった。

 原田はやりあうこともなく、僕を見て気まずそうに笑う。よりによってなんでその号をと思ったが、ここで怒鳴りつけるわけにもいかない。ただため息をついてみせるしかなかった。

 わざとらしくうなだれたままの原田は無視し、まずつかが暮らすお母さんのマンションに電話する。しかしつかはまだ帰っていなかった。さすがに初日目前で、稽古も追い込みということだろう。明日の午前中に訪ねることをお母さんに約束し、タクシーでソウル市街へ向かう。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

長谷川康夫

長谷川康夫(はせがわ・やすお) 演出家・脚本家

1953年生まれ。早稲田大学在学中、劇団「暫」でつかこうへいと出会い、『いつも心に太陽を』『広島に原爆を落とす日』などのつか作品に出演する。「劇団つかこうへい事務所」解散後は、劇作家、演出家として活動。92年以降は仕事の中心を映画に移し、『亡国のイージス』(2005年)で日本アカデミー賞優秀脚本賞。近作に『起終点駅 ターミナル』(15年、脚本)、『あの頃、君を追いかけた』(18年、監督)、『空母いぶき』(19年、脚本)などがある。つかの評伝『つかこうへい正伝1968-1982』(15年、新潮社)で講談社ノンフィクション賞、新田次郎文学賞、AICT演劇評論賞を受賞した。20年6月に文庫化。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

長谷川康夫の記事

もっと見る