メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

舞台『裸足で散歩』演出・元吉庸泰×主演・加藤和樹インタビュー(下)

観客の心を豊かにするために全力で向き合いたい

インタビュー・大原薫、構成・米満ゆうこ


演出・元吉庸泰×主演・加藤和樹インタビュー(上)

コメディ初挑戦、新たな自分に出会える

――加藤さんといえば、舞台でも死ぬ役が多かったりして(笑)、重い役を演じるというイメージがあるんですが、今回はいかがですか。

加藤:僕自身コメディは初めての挑戦なので、お客さんにもびっくりしてもらえると思いますし、新たな自分に出会えると思うとすごく楽しみですね。

元吉庸泰(左)と加藤和樹=岩田えり 撮影拡大元吉庸泰(左)と加藤和樹=岩田えり 撮影

――元吉さんは、加藤さんにはコメディをやる要素があると思いますか。

元吉:人間として死ぬほど面白いので、たぶん、大丈夫だと思います(一同笑)。ただ、笑いって難しくて。僕らは芸人さんではありませんが、何が面白いかといえば一生懸命な人間。加藤さんが一生懸命になったら、それだけで面白いと思うんですよ。

加藤:あはははっ。

元吉:一生懸命、「別れたくなーーい」と言っている加藤さんの姿を見たいです(笑)。そこに面白さがある。怖い先輩と絡む姿も早く見たいです。

加藤和樹=岩田えり 撮影拡大加藤和樹=岩田えり 撮影

――同じアパートに住むヴィクター役の松尾貴史さん、コリーの母バンクス夫人役の戸田恵子さん、先輩方は強力ですからね。

元吉:超強力。

加藤:強力すぎますよ。

元吉:戸田さんはコリー役を過去にされていますから。戸田さんが「今度、『裸足で散歩』に出演します。コリーじゃないけどね」とブログに書かれていて、おおおっと、ちょっと引っかかっていらっしゃるのかなと(笑)。

加藤:(笑)。

――キッチュ(松尾貴史)さんは変なヴィクターの役がすごく似合いそうですよね。

加藤:ヴィクターはマジで癖強い役ですね。

元吉:ディナーのシーンでは、キッチュさんに舞台でカレーを食べてほしいですね(笑)。

元吉庸泰=岩田えり 撮影拡大元吉庸泰=岩田えり 撮影

――相手役のコリーを演じる高田夏帆さんは、今回が初舞台です。

加藤:僕は今日、初めてお会いしたんですけど楽しみですね。すごく芯の強い子なので、たぶん、色々やってくれると思います。

元吉:何かをやらかしてくれそうな2人でした。

加藤:コリーとして振り回されそうな予感がしています。

――振り回される加藤さんは、なかなか見られないんじゃないですか。

加藤:(笑)。共通点は干支が同じで、一回り年が違うので、いい予感がしています。

◆公演情報◆
舞台『裸足で散歩』
プレビュー:2022年9月13日(火)  有楽町よみうりホール
東京:2022年9月17日(土)~ 29日(木)  自由劇場
兵庫:2022年10月1日(土)~2日(日)  兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
大阪:2022年10月5日(水)  枚方市総合文化芸術センター 関西医大 大ホール
神奈川:2022年10月8日(土)~10月9日(日) KAAT 神奈川芸術劇場 ホール
東京多摩:2022年10月11日(火)  パルテノン多摩 大ホール
公式サイト
[スタッフ]
作:ニール・サイモン
翻訳:福田響志
演出:元吉庸泰
[出演]
加藤和樹 高田夏帆 本間ひとし 松尾貴史 戸田恵子
〈元吉庸泰プロフィル〉
 劇団「エムキチビート」主宰。自身の劇団の全公演の脚本、演出をしつつ、商業公演の演出も請け負う。演出の幅はバーでの公演からミュージカルまで多岐に渡る。鴻上尚史主宰の「虚構の劇団」作品をはじめ、板垣恭一・石丸さち子・小川絵梨子・河原雅彦・小林香・鈴木裕美・辻仁成・深作健太・藤田俊太郎・錦織一清・西田シャトナーなど(敬称略)、第一線で活躍する演出家の演出助手を務めた。近年では、様々なジャンルの作品で演出を務め、その場に立つ俳優の実感を、空間演出により最大限に引き出す手法に定評がある。
公式twitter
公式instagram
〈加藤和樹プロフィル〉
 2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴びる。翌年Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。音楽活動と並行し、舞台・ミュージカル・映像作品にも多数出演。俳優・声優としても活躍の場を広げている。近年の主な出演作品は、『冬のライオン』、『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』、『ジャック・ザ・リッパー』、『マタ・ハリ』など。第46回菊田一夫演劇賞 演劇賞を受賞。10月にはコンサートツアー『Kazuki Kato concert Tour 2022 ~nostalgia~』を開催。2023年1月~『キングアーサー』への出演が決まっている。
オフィシャルサイト
公式twitter

・・・ログインして読む
(残り:約2662文字/本文:約4477文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。