メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ジェンダーのアンバランスは「文化の喪失」、表現の現場調査から

男性に偏る審査員・受賞者、現状の問題くっきりと

小田原のどか 彫刻家、評論家、出版社代表

ジェンダーバランスを数値化すると

 去る8月24日、表現の現場調査団による「ジェンダーバランス白書2022」が公表された。

 表現の現場調査団とは、様々な表現の現場に関わるプレイヤーによって構成された団体だ。2020年11月から活動しており、5年間の活動継続を掲げている。2021年には表現の現場で生じるハラスメントの実態を調査し、「ハラスメント白書2021」を公開した。筆者はこの度のジェンダーバランス調査から、調査報告人のひとりとして参加している。

拡大「ジェンダーバランス白書2022」発表の記者会見。左から、荻上チキ、田村かのこ、深田晃司、森本ひかる、小田原のどか=2022年8月24日、東京・霞が関、表現の現場調査団提供

 「ジェンダーバランス白書2022」は390ページを超えるボリュームとなった。表現の現場調査団のウェブサイトで誰でも見ることができる。

 調査の対象は、美術、演劇、映画、文芸、音楽、デザイン、建築、写真、漫画の9分野、そして美術大学など表現を学ぶ教育機関だ。活躍の登⻯⾨となる賞や国民的知名度を有する賞、表現の現場との関係の深い評価の仕組みなどにおける評価する側と評価される側のジェンダーバランスが数値化された。調査対象期間は2011年から2020年までの10年間である。

拡大9分野(美術、演劇、映画、文芸、音楽、デザイン、建築、写真、漫画)の知名度の高い賞の審査員と大賞受賞者の男女比
 今回の調査では、9分野の審査員の男性平均は77.1%、受賞者は男性平均65.8%という結果が出た。私が調査を担当した文芸分野では、文芸誌が主催する評論の賞で、審査員、大賞受賞者ともに10年間、男性が100%のものがあった。

  驚くべきことである。

拡大審査員・受賞者ともに全員男性だった「小林秀雄賞」(一般財団法人新潮文芸振興会主催)。「自由な精神と柔軟な知性に基づいて新しい世界像を呈示した作品(フィクションを除く)一篇」に授与される
 しかし読者の中には、そのどこに問題があるのかわからないという方もいることだろう。評論家は伝統的に男性が担ってきたのだから、仕方がないのではないかと。

 このように男性が「標準」とされる職業は評論家にとどまらない。映画監督や演出家、指揮者もまた男性比率が高く、一般にも「伝統的に男性の就く責任ある仕事」と認識されていることが多いと言える。

 しかし果たしてそうだろうか。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

小田原のどか

小田原のどか(おだわら・のどか) 彫刻家、評論家、出版社代表

芸術学博士(筑波大学)。1985年宮城県生まれ。主な著書に『近代を彫刻/超克する』(講談社、2021年)。主な共著に『吉本隆明:没後10年、激動の時代に思考し続けるために』(河出書房新社、22年)など。主な展覧会に「近代を彫刻/超克する 雪国青森編」(個展、国際芸術センター青森、21年)、「あいちトリエンナーレ2019」など。「芸術新潮」「東京新聞」にて美術評を連載中。『現代美術史:欧米、日本、トランスナショナル』(中公新書、19年)の著者で文化研究者・山本浩貴との共同企画「この国[近代日本]の芸術:「日本美術史」を脱帝国主義化する」を始動させたhttp://getsuyosha.jp/20220711-2/ (顔写真撮影:鈴木奈保子)

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです