メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

[2]飛騨高山の元妓楼「旅館かみなか」と、『全国遊廓案内』

関根虎洸 フリーカメラマン

 飛騨高山にかつて遊廓の妓楼だった老舗旅館があることを知った私は、桜が満開を迎えた頃に「旅館かみなか」を訪ねた。日本三大美祭のひとつとされる春の高山祭(山王祭)を控えた高山の街並みは華やいだ雰囲気に包まれていた。

高山市内の中心部を流れる宮川に朱色の中橋が掛かる。川沿いの桜が満開だった=撮影・関根虎洸拡大高山市内の中心部を流れる宮川に朱色の中橋が掛かる。川沿いの桜が満開だった=撮影・関根虎洸

 旅館かみなかの歴史は明治時代まで遡る。明治21(1888)年、高山に花岡遊廓が設置されると、岐阜県統計書によれば、3500坪の土地に4軒の貸座敷と19人の娼妓が在籍した。

 大店だった常盤楼を買い取り、妓楼を始めたのは創業者の上仲民之助氏(1871─1940)だった。

家族や娼妓たちに囲まれた中央の男性が創業者の上仲民之助。かみなか楼の中庭にて=大正中期、旅館かみなか所蔵拡大家族や娼妓たちに囲まれた中央の男性が創業者の上仲民之助。かみなか楼の中庭にて=大正中期、旅館かみなか所蔵

 妓楼の屋号は常盤楼から末広楼となり、やがてかみなか楼へと変わっていく。

 「娼妓は10~12名くらいだったようです」と語る3代目当主の上仲豊和さん(72歳)は、民之助氏にとって孫に当たる人物である。

 「よく覚えてます。夕方になるまで玄関の辺りで遊んでいると『向こうへ行ってなさい』なんてお姐さんに言われて、追い払われるんです」

 戦後の赤線時代を語る豊和さんは、売春防止法が施行された昭和33(1958)年は8歳だった。このとき、かみなか楼は「旅館かみなか」へ転業して営業を再開する。

 「私の父は遊廓だった頃のことを話したがりませんでした。旅館になってから建物にも手を入れて、一部を改築したんです。私はなぜか興味があったので、もっと遊廓時代のことを聞きたかったですね」

 子供の頃に育った妓楼建築に思い入れがあった豊和さんは、旅館の経営を引き継ぐと、一部を元の妓楼建築に改修し直したのだという。

 それにしても、旅館は驚くほど保存状態の良い建物である。とても130年以上前の建物とは思えない。

明治21(1888)年創業の「旅館かみなか」(岐阜県高山市)。遊廓時代の面影を残す。国の有形文化財として登録されている=撮影・関根虎洸拡大明治21(1888)年創業の「旅館かみなか」(岐阜県高山市)。遊廓時代の面影を残す。国の有形文化財として登録されている=撮影・関根虎洸
階段の手すりは建築当時(明治20年)のもの。建物の保存状態が素晴らしく一見の価値あり=撮影・関根虎洸拡大階段の手すりは建築当時(明治20年)のもの。建物の保存状態が素晴らしく一見の価値あり=撮影・関根虎洸

 「父はテレビや映画の撮影で旅館を使わせてほしいと依頼があっても、建物が傷むからという理由でほとんど断ってしまうんです」

 4代目となる若旦那の剛司さん(43歳)の言葉を聞いて、建物の保存状態に納得した。

玄関入口。金屏風の前に生け花が置かれ、その奥に階段がある。床一面には赤絨毯が敷かれている=撮影・関根虎洸拡大玄関入口。金屏風の前に生け花が置かれ、その奥に階段がある。床一面には赤絨毯が敷かれている=撮影・関根虎洸
「亀の間」。各部屋の入口には格子戸が設えられ、建具に異なるモチーフが施されている=撮影・関根虎洸拡大「亀の間」。各部屋の入口には格子戸が設えられ、建具に異なるモチーフが施されている=撮影・関根虎洸
中庭を臨める2階の角部屋「竹の間」=撮影・関根虎洸拡大中庭を臨める2階の角部屋「竹の間」=撮影・関根虎洸
交互に設えた乳白ガラスと透明の波打ちガラス。光のグラデーションが障子の引き戸に反射する=撮影・関根虎洸拡大交互に設えた乳白ガラスと透明の波打ちガラス。光のグラデーションが障子の引き戸に反射する=撮影・関根虎洸

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

関根虎洸

関根虎洸(せきね・ここう) フリーカメラマン

1968年、 埼玉県生まれ。著書に桐谷健太写真集『CHELSEA』(ワニブックス、2012年)、『遊廓に泊まる』(新潮社、2018年)ほか。元プロボクサー。現在ボクシングトレーナーとしても活動中。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです