メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

“ハートフルお葬式コメディ”舞台『きっとこれもリハーサル』、土田英生&石野真子&鈴木福に聴く(下)

「最後は毎回感動して泣いてしまう」

小野寺亜紀 演劇ライター、インタビュアー


土田英生&石野真子&鈴木福インタビュー(上)

お母さんの弘江は名監督

 ――土田さんは主宰されている劇団「MONO」でのお芝居はもちろん、ドラマ『半沢直樹』などにも出演され役者としても存在感がありますが、そんな役者の土田さんならではだなと思う演技指導などはありましたか?

土田 役者は関係ないですね(照笑)。

鈴木 僕、関係あると思いますよ! 軽くお芝居を見せてくださいますし。「こういう感じ」というのを……。

石野 そうそう、やってくれます!

土田 やらないようにしているつもりなんですが。それは良くないですね(苦笑)。

石野 ありがたいです!

鈴木 方向性が全く見えないと、意思の疎通ができなくて(役を)自分のほうにもってこれないけど、「こうして」ではなく「こういう雰囲気で」というのを見せてくれるから。

石野 うん、すごくわかりやすいです。

左から、石野真子、鈴木福、土田英生=岩田えり 撮影拡大左から、石野真子、鈴木福、土田英生=岩田えり 撮影

 ――MONOの作品もそうですが、本作も小さなコミュニティーから普遍的な大きなものが見えてくるという点で、MONOとの共通点も感じたのですが、土田さんは本作のおもしろさをどんなところに感じていますか。

土田 いや、普段自分が書くものより本当にストレートなのですが、最初に言っていただいたお葬式のリハーサルをするというのがやはり特殊な設定なんですね。ストレートなお話だけど、そこにそういう特殊なフィルターをかけると、意外とこういうストレートな舞台ができるんだ、と感じながらやらせてもらっています。

 ――石野さんや鈴木さんは本作のおもしろさをどんなところに感じていますか。

石野 本当のことを言わずに物事を進めるということは、なんだか日常でもあるなと思っていて、弘江さんはそれが究極のことだったんだなという。ウソをつくというのでもなく、確信犯みたいなところのおもしろさ……え、おもしろいのかな?

土田鈴木 (笑)。

土田 まあ、お母さんは名監督みたいなものですよね。

土田英生=岩田えり 撮影拡大土田英生=岩田えり 撮影

 ――そうですね、この作品の中では“監督”ですよね。鈴木さんはいかがですか。

鈴木 この舞台は5人だけの出演者だからこそ、全員がボケて全員がつっこむ、というところがあるなと。なんか、いつの間にかボケてる!  いつの間にかツッコミになってる! という切り替わりがすごくナチュラルで、みんながそれぞれポンポン掛け合っている感じがすごく楽しいなと思います。あとは、舞台上で完結しているものを、お客さまにどう捉えてもらえるのかな、というところが今からとても楽しみです。

◆公演情報◆
舞台『きっとこれもリハーサル』
2022年9月29日(木)~10月13日(木) 新国立劇場 小劇場
2022年10月22日(土) COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール
公式ホームページ
公式ツィッター
[スタッフ]
潤色・演出:土田英生
脚本:赤松新
[出演]
石野真子、鈴木福、川島海荷、しゅはまはるみ、羽場裕一
〈土田英生プロフィル〉
 1989年に「B級プラクティス」(現MONO)結成。1990年以降全作品の作・演出を担当する。1999年『その鉄塔に男たちはいるという』で第6回OMS戯曲賞大賞を受賞。2001年『崩れた石垣、のぼる鮭たち』(文学座)で第56回芸術祭賞優秀賞を受賞。2003年文化庁の新進芸術家留学制度で1年間ロンドンに留学。近年は劇作と並行してテレビドラマ・映画脚本の執筆も多数。
公式twitter
〈石野真子プロフィル〉
 日本テレビ系オーディション番組『スター誕生!』に合格し、1978年3月25日「狼なんか怖くない」で歌手デビュー。その年の新人賞を総なめにする。以後、トップアイドルとしてヒットを連発。その後、女優としての活動も開始し、テレビドラマや舞台、映画で活躍。2003年より本格的に音楽活動を再開し、コンサートも精力的に行なっている。これまでにシングル28枚、オリジナルアルバム14枚をリリース。
公式ホームページ
〈鈴木福プロフィル〉
 2006年、1歳の時に『いないいないばあっ!』に出演し芸能界デビュー。2007年、『君がくれた夏 〜がんばれば、幸せになれるよ〜』で子役としてドラマデビューを果たす。2011年、『マルモのおきて』に出演。同作の主題歌『マル・マル・モリ・モリ!』で歌手デビュー。
 以降、映画、TV、舞台、CMなど多岐にわたり活動を続けている。最近はニュースなどの情報番組やラジオ・ナレーションなど仕事の幅を広げ、自身のSNSを活用し情報を配信している。
公式twitter

・・・ログインして読む
(残り:約2061文字/本文:約3965文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

小野寺亜紀

小野寺亜紀(おのでら・あき) 演劇ライター、インタビュアー

大阪府出身。幼い頃から舞台をはじめ、さまざまなエンターテインメントにエネルギーをもらい、その本質や携わる人々の想いを「伝える」仕事を志す。関西大学文学部卒業後、編集記者を経て独立。長年、新聞や雑誌、Webサイト、公式媒体などで、インタビューや公演レポート等を執筆している。特に宝塚歌劇関係の取材は多い。 小野寺亜紀オフィシャルサイト(https://aki-octogreen.themedia.jp/)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

小野寺亜紀の記事

もっと見る