メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

雨量の単位は「ミリ」より「センチ」、hPaの数値に意味を示してほしい

災害に関わる言葉は、聞いてすぐ分かるものにすべきでは

杉田聡 帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)

 9月の台風第14号は甚大な被害をもたらした。その後、幸いなことにしばらく大きな台風は接近・上陸していなかったが、10月26日(水)に発生した熱帯低気圧が台風22号となって、再び日本に接近する見こみだという。

 秋台風は夏台風に比べて「雨量がかなり多くなること」があり、また「上陸時の勢力が強い」傾向が見られるというが(「気象病に関する気象用語」頭痛ーる)、雨量や気圧について気象庁やメディアの伝える情報には、疑問に思う点がある。

「雨量320ミリ」

「1時間に○ミリの雨量」と言われてもピンとこない人も少なくないのでは?拡大雨量は最初から「1時間に○センチ」と伝えたほうが分かりやすいのではないか

 私が一番気になるのは、メディアが視聴者に換算を強いる点である。

 降雨量はふつう、例えば「320ミリ」などとミリ単位で表現される。私が知るかぎり例外はない。けれど「320ミリ」では、ぴんと来ない。私たちは、1センチ以下の長さに関してでなければ、ふつうミリは使わないからだ。だから「320ミリ」よりも、日常的に使う「32センチ」の方がはるかに分かりやすいし、その方が豪雨のこわさが直接に伝わる。

 なのにメディアは、なぜ視聴者に換算を求めるのだろう? 気象庁の発表という以外、そうする合理的な理由があるとは思われない。ないのなら、「320ミリ」と回りくどい言い方はせずに、始めから「32センチ」と報道すればよいのではないか。

 いや、視聴者がいつも換算するという前提は誤りで、実際はしない人が多いだろう。特に地域ごとに雨量がいくつも示されたりすると、人は煩雑に感じて、換算などせずに漫然と聞き流すのがオチだろう。

 それに、私が知るかぎり、「320ミリ」と報じられることはあっても、例えば「321ミリ」「328ミリ」のように、有効数字を1桁とする例は多くないようである。それならますます、始めから「32センチ」と報道する方がずっと良いのではないか。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

杉田聡

杉田聡(すぎた・さとし) 帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)

1953年生まれ。帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)。著書に、『福沢諭吉と帝国主義イデオロギー』(花伝社)、『逃げられない性犯罪被害者——無謀な最高裁判決』(編著、青弓社)、『レイプの政治学——レイプ神話と「性=人格原則」』(明石書店)、『AV神話——アダルトビデオをまねてはいけない』(大月書店)、『男権主義的セクシュアリティ——ポルノ・買売春擁護論批判』(青木書店)、『天は人の下に人を造る——「福沢諭吉神話」を超えて』(インパクト出版会)、『カント哲学と現代——疎外・啓蒙・正義・環境・ジェンダー』(行路社)、『「3・11」後の技術と人間——技術的理性への問い』(世界思想社)、『「買い物難民」をなくせ!——消える商店街、孤立する高齢者』(中公新書ラクレ)、など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

杉田聡の記事

もっと見る