メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

『ある男』石川慶監督に聞く──「映画祭への出品とヒットを両立させたい」

林瑞絵 フリーライター、映画ジャーナリスト

 とある地方の町に現れた無口な男、大祐(窪田正孝)は、文房具屋を営むシングルマザー、里枝(安藤サクラ)の夫になる。だが、大祐は不慮の事故で帰らぬ人に。法要の場で里枝に初めて会った彼の兄は、遺影を見て「別人」だと告げた。弁護士の城戸(妻夫木聡)は、里枝から大祐の身元調査を依頼され、不可解な事件に足を踏み入れる。

 映画『ある男』の原作は芥川賞作家、平野啓一郎の同名ベストセラー小説。『愚行録』『蜜蜂と遠雷』などで知られ、国内外の映画祭で評価される大型の実力派、石川慶監督が、重厚なヒューマン・ミステリーに仕立てた。身元が特定できない“ある男”とは何者か。“人間のアイデンティティ”は、どれほど確たるものなのか。この作品は一見平穏に見える社会の裂け目の先に広がる深遠な場所へ、観客を連れてゆくだろう。

ある男  11月18日(金)全国ロードショー
2022「ある男」製作委員会配給:松竹
拡大『ある男』  11月18日(金)全国ロードショー ©2022「ある男」製作委員会 配給:松竹

 本作は2022年9月のベネチア国際映画祭オリゾンティ部門でワールドプレミア(世界初)上映され、10月の釜山国際映画祭ではクロージング作品に選出された。11月に入っても、スペインのバルセロナで開催されたアジアン・フィルム・フェスティバル・バルセロナで監督賞を受賞するなど、嬉しいニュースが続く。日本のメジャー映画会社「御三家」のひとつである松竹が、世界の映画シーンで結果を出した作品としても記憶したい。

 11月18日からいよいよ満を持して日本で劇場公開となる。ベネチアは長編デビュー作『愚行録』以来、二度目の参加となる石川監督に、現地で『ある男』製作の裏側について話を伺った。

ベネチア国際映画祭オリゾンティ部門に『ある男』を出品した石川慶監督=撮影・林瑞絵拡大ベネチア国際映画祭オリゾンティ部門に『ある男』を出品した石川慶監督=撮影・林瑞絵

──ベネチアのオリゾンティ部門は作家性の強い作品を選ぶことで定評があります。『ある男』は松竹製作のオールスターキャスト作品で国内向けでもありますから、国内外の両方にアピールできる作品は珍しいと思いました。そのあたりはいかがお考えですか。

石川 日本の大手で映画を作ること自体が、国際映画祭から遠ざかる傾向にあることは認識しています。脚本、キャスティング、出資などにコマーシャルなものが入ってきやすく、毎回悩ましいところです。これがいつも映画を作る時のジレンマでもあり、国内での興行を考えると、映画祭のためにはマイナスなことをやらざるを得ないことも多い。しかし、今回は本当に実力派の俳優が集まってくれて、キャスティングがはまったと思っています。

──世界でも活躍され、国際映画祭でもよく出会えるような名優が揃いましたね。

石川 配役に対して妥協がないキャスティングを実現できたのが奇跡的でした。まず妻夫木さんがドンと決まったのが大きいですね。彼とは3回目ですが、まず妻夫木さんが決まると、毎回他の役者さんが「それなら変な作品じゃないよね」と言ってくれます。「真面目な作品だろうから、スケジュールもある程度開けましょう」となるのです。

©2022「ある男」製作委員会拡大©2022「ある男」製作委員会

──俳優としての妻夫木さんのどこに魅力を感じて、またお仕事をしたいと思われたのですか。

石川 今回もすごく難しい役じゃないですか。基本的には、弁護士として身元調査をするなかでいろいろな人の話を聞く役ですから「狂言回し」と言えます。途中で前に出過ぎると、物語の進行を阻害してしまいますから。でも、最後には中心に躍り出てこないといけない。そういう意味では1シーン、1シーンを演じていくよりも、監督に近い目線で全体を俯瞰して作品の構成を話せる人でないと成立しないのです。妻夫木さんは個人的にそういう話ができる唯一と言ってもいいぐらいの俳優です。彼とはそういう関係性を築けるので、すごく安心感があるんです。

©2022「ある男」製作委員会拡大©2022「ある男」製作委員会

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

林瑞絵

林瑞絵(はやし・みずえ) フリーライター、映画ジャーナリスト

フリーライター、映画ジャーナリスト。1972年、札幌市生まれ。大学卒業後、映画宣伝業を経て渡仏。現在はパリに在住し、映画、子育て、旅行、フランスの文化・社会一般について執筆する。著書に『フランス映画どこへ行く――ヌーヴェル・ヴァーグから遠く離れて』(花伝社/「キネマ旬報映画本大賞2011」で第7位)、『パリの子育て・親育て』(花伝社)がある。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

林瑞絵の記事

もっと見る