メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

『ジキル&ハイド』に初登場!柿澤勇人に聞く (上)

両極端の人格に入れ替わる演劇ならではの魅力を追求して

橘涼香 演劇ライター

 世界的なミュージカルのヒットメイカー、フランク・ワイルドホーン音楽による大ヒットミュージカル『ジキル&ハイド』が、2023年3月11日~28日東京・東京国際フォーラム ホールCで上演される(のち、4月8日~9日愛知・愛知芸術劇場 大ホール、4月15日~16日山形・やまぎん県民ホール、4月20日~23日大阪・梅田芸術劇場メインホールで上演)。

 二重人格の代名詞ともなっているR.L.スティーヴンソンの小説「ジキル博士とハイド氏」をミュージカル化したこの作品は、2001年鹿賀丈史主演により日本初演され、瞬く間に評判を呼び、2003年、2005年、2007年と立て続けに再演される人気ミュージカルとして定着。2012年に石丸幹二を新たなジキル役に迎えたニュー・プロダクションがスタートし、2016年、2018年と上演記録を重ねてきた。

 今回2023年の上演は、その歴史を紡いできた石丸ジキルが集大成の「最後の実験」に臨み有終の美を飾ることが発表され、ダブルキャストで「実験開始」を果たす柿澤勇人が新たなジキル/ハイドとして初登場。一人の人間のなかにある「善」と「悪」が二つの人格に分離されていく苦悩を描いていく。

 そんな挑戦の舞台を前にした柿澤が、作品や役への思い、更に大きな話題を呼んだNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を経験した2022年の実り多き日々について語ってくれた。

まず一番に思った「僕でいいのか?」

柿澤勇人=宮川舞子 撮影拡大柿澤勇人=宮川舞子 撮影

──これまで作品に感じていた印象から教えてください。

 はじめて『ジキル&ハイド』を観劇したのが、鹿賀丈史さんが主演をされていた時です。その頃はまだ学生で、舞台をやってみたいなという思いがあって、養成所に通ったりレッスンに行ったりはしていましたが、アマチュアもアマチュア、完全な素人でしたから、どうやったらあんな声が出るんだろう、どんなトレーニングをしたらあんな風に歌えるんだろうと、観劇そのものが勉強という気持ちで観ていました。

──そんな思い出をお持ちの作品に、今回主演でというお話を聞かれた時にはどうでしたか?

 いまお話した鹿賀さんがおやりになっていた時はもちろんでしたし、その後石丸幹二さんが主演されている公演も観にいっていましたが、まさか自分がヘンリー・ジキル役を演じさせてもらえるとは、全く思ってもいませんでした。当時の観劇ノートみたいなものがあって、観た作品についての感想や、自分がこれからどうしていかなければいけないのか?というようなことが書いてあるんですけど、『ジキル&ハイド』については、この役をいつかやれるようになりたいとも全く書いていなかったですし、正直自分がそこを目指すとか、目標にすることさえおこがましいと言うか。何しろ鹿賀さん、石丸さんと続いてきているということは、大御所中の大御所の、ミュージカルスターの方が演じる役というイメージだったんです。だからまず一番に思ったのは「僕でいいのか?」ということでした。

柿澤勇人=宮川舞子 撮影拡大柿澤勇人=宮川舞子 撮影

──柿澤さんご自身もミュージカルスターのお一人ですから!

 いえいえ、とんでもないです。本当にいいのだろうか?という気持ちは未だにあります。でもやるからには新しいヘンリー・ジキルと言いますか、何かひとつでも自分が演じることで新たな面白いものを見出さないといけないなとは思っています。

──石丸さんに主演がスイッチされた段階で、ヘンリー・ジキルが「人間の善と悪の両極端の性格を分離できれば、あらゆる悪を制御できる」という研究にのめりこんでいったのは、父親の病を治したいという一心だった、という研究に対する裏付けが加わるなどのニュー・プロダクションになりましたが、いま、ご自身が演じられると決まって、改めて作品の魅力についてはいかがですか?

 やはり歌の力、フランク・ワイルドホーンの楽曲の力がとても強いなと思います。「時が来た」がとりわけ有名ですが、それ以外の曲もどれもカッコいいし、キャッチーで。歌ってみたいと思わせる楽曲の宝庫なのが、そのまま作品の魅力につながっていますよね。男性の役だけではなく、ルーシーやエマのナンバーもとても魅力的で、女優さんだったら誰しもがやってみたい、歌ってみたいと思うだろうなと感じるし、そう感じさせること自体が、本当にすごいミュージカルだなと。ですからまずは歌を頑張らなくてはいけないと思っていますね。

◆公演情報◆
ミュージカル『ジキル&ハイド』
東京:2023年3月11日(土)~28日(火) 東京国際フォーラム ホールC
名古屋:2023年4月8日(土)~9日(日) 愛知県芸術劇場 大ホール
山形:2023年4月15日(土)~16日(日) やまぎん県民ホール
大阪:2023年4月20日(木)~23日(日) 梅田芸術劇場メインホール
公式ホームページ
[スタッフ]
原作:R.L.スティーヴンソン
音楽:フランク・ワイルドホーン
脚本・詞:レスリー・ブリカッス
演出:山田和也
上演台本・詞:髙平哲郎
[出演]
石丸幹二、柿澤勇人(Wキャスト)、笹本玲奈、真彩希帆(Wキャスト)、Dream Ami、桜井玲香(Wキャスト)、石井一孝、上川一哉(Wキャスト)、畠中 洋、佐藤 誓、栗原英雄 ほか
〈柿澤勇人プロフィル〉
 2007年に倍率100倍以上の難関を突破し劇団四季の養成所に入所。同年デビューし、翌年から立て続けに主演を務める。2009年末、更なる活動の場を求め同劇団を退団。近年の主な出演作品は、『ブラッド・ブラザーズ』、『スルース~探偵~』、『ハルシオン・デイズ2020』、『スクール・オブ・ロック』、『フランケンシュタイン』など。
オフィシャルファンクラブ
公式twitter

・・・ログインして読む
(残り:約1433文字/本文:約3768文字)


筆者

橘涼香

橘涼香(たちばな・すずか) 演劇ライター

埼玉県生まれ。音楽大学ピアノ専攻出身でピアノ講師を務めながら、幼い頃からどっぷりハマっていた演劇愛を書き綴ったレビュー投稿が採用されたのをきっかけに演劇ライターに。途中今はなきパレット文庫の新人賞に引っかかり、小説書きに方向転換するも鬱病を発症して頓挫。長いブランクを経て社会復帰できたのは一重に演劇が、ライブの素晴らしさが力をくれた故。今はそんなライブ全般の楽しさ、素晴らしさを一人でも多くの方にお伝えしたい!との想いで公演レビュー、キャストインタビュー等を執筆している。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

橘涼香の記事

もっと見る