メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

藤原辰史『植物考』を、「本屋 象の旅」でひもとく

松澤 隆 編集者

 ふたつの欲求がひとつの束となり、分かちがたい緊張と快楽を強いてくることがある。『植物考』(生きのびるブックス)と「本屋 象の旅」との出逢いも、そうだ。

 藤原辰史という著者はこの10年、我々を捉えてきた。まず、『ナチスのキッチン──「食べること」の環境史』(水声社、2012年→共和国、2016年〔決定版〕)で、「読書界」(そろそろ死語?)に衝撃を与えた。以後、続々と登場した既刊を思い返しても、つねに新鮮な視角、豊かな構想で我々を驚倒させ、魅了している。でも、皆さん、感嘆しつつも、それ以上の感懐を持ちませんでしたか? 丹精の籠った果実、鍛錬が育んだ名技を存分に賞味・称賛する一方、可能性の源へと心が動くのは人情。その意味で、豊かな流れの水源がこの本では、という興奮を覚える快著である。

藤原辰史『植物考』(生きのびるブックス)。カバー写真は石内都氏、ブックデザインは松本孝一氏=撮影・筆者拡大藤原辰史『植物考』(生きのびるブックス)。カバー写真は石内都氏、ブックデザインは松本孝一氏=撮影・筆者

横浜市営地下鉄「阪東橋」近くの新しい書店

 本書刊行と同じ2022年11月、或る書店が誕生した。最寄りは、横浜市営地下鉄ブルーライン「阪東橋」駅。ツイッターに準備から開店までの様子が上がっていて、訪ねたい衝動が募った。鞄に『植物考』を入れ、電車に乗る。丁寧なホームページのお陰で迷わず着く。阪東橋駅から徒歩5分。大通りから少し入った角地、窓の広い路面店だ。

「本屋 象の旅」はかつて魚屋さんだったという場所にある。左(東)方向に数十メートル先で「横浜橋通商店街」のアーケードと交差する=撮影・筆者

拡大「本屋 象の旅」はかつて魚屋さんだったという場所にある。左(東)方向に数十メートル先で「横浜橋通商店街」のアーケードと交差する=撮影・筆者
「象の旅」から数分の「横浜橋通商店街」。350mほどの通り沿いには、魚介・野菜・精肉などの小売店をはじめ、惣菜店・中華食材・韓国食材・衣料品店など130を超える店舗で賑わう=撮影・筆者

拡大「本屋 象の旅」から数分の「横浜橋通商店街」。350mほどの通り沿いには、魚介・野菜・精肉などの小売店をはじめ、惣菜店・中華食材・韓国食材・衣料品店など130を超える店舗で賑わう=撮影・筆者

 入ると、清潔な木製本棚が眩しい。どの棚のどの段にも、読んで好感を得た本がある。隣には、次はこれと思いながら手を出し損ねていた関連書が並んでいる。恨み顔ではなく、じっと微笑んでいるような気がしてくる。入店から数分の間に、40代前半くらいの男性が、迷う様子もなく単行本を2冊買っていった。彼が退店すると、30恰好の男性がご店主に名刺を出していた。大手ではない新規の取次業の方らしい。

絶妙に選ばれた関連書と共に並ぶ、藤原辰史さんの主著というべき『ナチスのキッチン──「食べること」の環境史』 (決定版、共和国)=撮影・筆者

拡大絶妙に選ばれた関連書と共に並ぶ、藤原辰史さんの主著というべき『ナチスのキッチン──「食べること」の環境史』 (決定版、共和国、棚の上段)=撮影・筆者

 ドイツ関連の或る段で、一冊が棚差しでも目立った。気づくともう、お仕事中すいませんがと、ご店主に話しかけていた。『ナチスのキッチン』。なんと開店後すぐ、450ぺージ超、税別2700円のこの本が売れたという。棚差しのは、補充した後なのである。躊躇なく鞄から『植物考』を取り出し、誰に頼まれたわけでもないのに、いかに面白い本かを語りはじめてしまった。藤原さんの核心、農と食の原点への洞察がつまっているんです……。

 「新刊ですね、存じませんでした。取り寄せます。ウチには『食』関連の棚もありますし」


筆者

松澤 隆

松澤 隆(まつざわ・たかし) 編集者

みすず書房で出版営業、表現研究所(現・小学館クリエイティブ)で編集全般、春秋社で書籍編集に従事し、その後フリー。企画・編集した主な書籍は、佐治晴夫『からだは星からできている』『14歳のための時間論』、小山慶太『星はまたたき物語は始まる』、鎌田浩毅『マグマという名の煩悩』、立川談志『世間はやかん』など(以上すべて春秋社刊)。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです