メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

再考――山本義隆と1960年代

写真・図版:再考――山本義隆と1960年代 東大全共闘代表として学生運動を率いた山本義隆氏(中央奥)  1960年代末の学生運動でカリスマ的な人物だった元東大全共闘代表・山本義隆氏(73)の回顧録『私の1960年代』(金曜日)が話題を呼んでいる。それは大学や社会に対する「反乱」の時代への回想にとどまらず、3・11以降の脱原発デモや安保法制に反対する社会運動に、多くの示唆を与えてくれるからだ。その現代的意味を突き詰める。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする