メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

朝ドラ「純と愛」の弱点

写真・図版:朝ドラ「純と愛」の弱点 「純と愛」(主演の夏菜)

 10月から始まったNHKの朝ドラ「純と愛」。大ヒットしたドラマ「家政婦のミタ」の遊川和彦の脚本が注目されていたわりには、最近の視聴率は18%程度で、前回の「梅ちゃん先生」が視聴率20%越えだったことからすると、いま一つとも言える。ヒロインの夏菜(23)の演技がうるさい、ドラマの設定がありえない、朝のドラマにふさわしくない、といった批判的な意見も少なくないなか、先日、余貴美子や石倉三郎など新しい登場人物と配役が発表された。これまでの朝ドラらしくない(?)この作品、これから評判を得ることができるだろうか?

Facebookでコメントする