メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

白井聡氏「『永続敗戦論』からみる戦後」ご招待

8月15日を「敗戦」として捉えることで見えてくるもの(7/17締め切り)

論座編集部

ご購読者の皆さまへ
朝日カルチャーセンター白井聡氏「『永続敗戦論』からみる戦後」(7月25日)にご招待

拡大

 いつもWEBRONZAをご愛読くださいまして、ありがとうございます。

 WEBRONZAは朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾と連携し、同センターで開かれる講座に購読者の方々をご招待しております。

 今回は、京都精華大学講師の白井聡氏による「『永続敗戦論』からみる戦後」です。開催は7月25日(土)15:30-17:00。この講座に購読者の方を抽選で5名ご招待いたします。また、講座の内容は後日、WEBRONZAの記事としてご紹介いたします。

概要

「『永続敗戦論』からみる戦後」
講師: 白井聡 京都精華大学講師
日時: 7月25日(土) 15時半~17時
会場: 朝日カルチャーセンター 新宿教室

講座内容

 戦後70年目の今年、講師著書「永続敗戦論」をはじめ、様々なところで指摘される“敗戦”認識。戦争が終結した8月15日を「終戦」と捉えるのか、あるいは「敗戦」と捉えるのか。戦後の日本は、この問題を起点とせずして語れないのではないか。8月15日を単なる「終戦」と捉え“戦後レジームからの脱却”を唱えることへの矛盾など、8月15日を「敗戦」として捉えることで見えてくるこの国の戦後70年、そして現在について考察します。

白井聡氏のご紹介

 1977年東京都生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程修了。博士(社会学)。文化学園大学助教などを経て、現在、京都精華大学専任講師。専攻は社会思想・政治学。著書に『未完のレーニン―「力」の思想を読む』(講談社選書メチエ)、『「物質」の蜂起をめざして―レーニン、<力>の思想』(作品社)、『永続敗戦論―戦後日本の核心』(太田出版、第4回いける本大賞・第35回石橋湛山賞・第12回角川財団学芸賞を受賞)、『日本劣化論』(笠井潔との共著、ちくま新書)、『日本戦後史論』(内田樹との共著、徳間書店)などがある。

ご招待対象

 WEBRONZA全ジャンルパックを購読中の方、もしくは朝日新聞デジタル有料会員の方

応募方法

 メールでご応募ください。
 次のメールアドレスに、以下の必要事項をご記入のうえ送信してください。

宛先:webronza-m@asahi.com

【必要事項】
・件名: 「『永続敗戦論』からみる戦後」参加希望
・お名前
・ふりがな
・性別
・年齢
・メールアドレス
・WEBRONZAあるいは朝日新聞DIGITALのログインID

 当選された方には7月17日以降にメールでご連絡さしあげます。

《ご注意》

・ご応募は当日、参加可能な方のみとさせていただきます。譲渡などはできません。
・一般の方は、こちらよりお申し込みいただけます(受講料は、朝日カルチャーセンター会員3,024円 一般 3,672円です)。

締め切り

7月17日13時

皆さまのご応募、お待ちしております!