メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

「法と経済のジャーナル Asahi Judiciary」が論座に加わります

論座編集部

 朝日新聞社の言論サイト「論座」をご愛顧いただき、ありがとうございます。

拡大論座への移行パターン。AJと「論座」の双方を購読中である場合、重複することのないように朝日新聞社側で5月末に適宜、切り替え、解約をする予定
 このたび、朝日新聞社のニュースサイト「法と経済のジャーナル Asahi Judiciary」(AJ)が、今年6月1日をもって「論座」の下に引っ越すことになりました。

 これまで一戸建て専門店だったAJが「論座」という総合デパートのテナントとして、より多くのお客様により気軽に接していただこうという狙いです。

 AJは、2010年7月のサイト開設以来、企業など組織や経済・社会の今後に影響を与えるかもしれない法制度やその運用・執行、経済事件の背景や裁判をできるだけ詳しく伝えようという編集方針で運営されてきましたが、その点は今後も変わりありません。これまでの11年弱の間に蓄積されている約1600本の記事は、引き続き「論座」でご覧いただけます。

 AJは、「Journalism」と同様、「論座全ジャンルパック」の1コンテンツとして加わります。すでに全ジャンルパック(月額770円)をご契約いただいている論座のお客様は、6月から追加料金なしでお読みいただける記事が大幅に増えることになります。なお、AJ単独でのご購読申込はお引き受けできません。

 これを機に論座・AJ共々、これまでにも増して魅力的なコンテンツの発信に努めてまいりますので、引き続きご購読いただきますようお願い申し上げます。

 現在、AJをご購読いただいているお客様のアカウント(朝日ID)とログインパスワードは、「論座全ジャンルパック」購読者として自動的に引き継がれ、改めてのお手続きは不要です。(図を参照)
 「論座全ジャンルパック」と「法と経済のジャーナル」の双方をご購読いただいている方は、5月末をもって法と経済のジャーナルは自動解約となります。
 また、「政治・国際」など論座各ジャンル単品と「法と経済のジャーナル」の双方をご購読いただいている場合はそれぞれ自動解約となり、「論座全ジャンルパック」のご購読に一本化されます。