メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

言葉への誠実さ欠く二人のAさん

素朴な道徳的感覚が怪しい

金田一秀穂 言語学者

 昔、孔子は弟子に政治の要諦を訊かれて、言葉を大切にすることだ、と答えた。正名説という、有名な教えである。人々が指導者の言葉を信じられなかったら、その国は乱れるという。いまから2000年以上前の話であるけれど、真理であることは変わらない。

 「英国王のスピーチ」という映画があった。ジョージ6世は、エリザベス女王の父である。ひょんなことから王位を継承することになったのだが、当人はひどい吃音者で、「自分は演説ができない」と言って辞退しようとする。吃音が理由で王位を辞退できるのか。少なくとも大変重大な欠陥であるらしい。周囲もそう思っているらしい。民主主義の元祖のような英国は、王位にそのような能力を求める、というのが面白い。話すこと、言葉を発することが、政治にとって極めて重要なことなのだ。

 政治は言葉である。しかしどうもそのことがあの人やその周囲の人々には、お分かりではないらしい。私は言葉の研究者として、なによりも、言葉の扱いの粗雑さが我慢ならない。

 最初に呆れてしまったのは、1回目の首相就任の時のこと、「しっかりと」という言葉を5分足らずの短いスピーチの中で、22回も繰り返して使ったのだ。この人の頭の中には、「しっかり」という言葉が、消し難く焼き付けられていて、それは小さいころからご母堂に言われ続けたことだったのだろうと、推測された。

 口癖、というのがあって、言葉の表現者であれば、それを意識しなくてはいけないのだろうけれど、「まさに」とか「おいて」とかが、話の中に頻出する。あまり賢そうに見えない。

コピペだった原爆忌スピーチ

拡大参院決算委の開会前、麻生太郎財務相(右)と言葉を交わす安倍晋三首相=2018年6月18日
 しかし、口癖程度であれば、罪はない。言葉について、決定的な犯罪行為的冒涜であると思えたのは、2014年の広島の原爆追悼式典での彼の挨拶(あいさつ)である。そこで語られたのは、前年2013年で使われたスピーチの、ほとんどコピペだったのだ。( )内が前年のもの。インターネット上で見ることができる。

 「69(68)年前の朝、一発の爆弾が、十数万になんなんとする、貴い命を奪いました。7万戸の建物を壊し、一面を、業火と爆風にさらわせ、廃墟と化しました。生き長らえた人々に、病と障害の、また生活上の、言い知れぬ苦難を強いました。
 犠牲と言うべくして、あまりにおびただしい犠牲でありました。しかし、戦後の日本を築いた先人たちは、広島に倒れた人々を忘れてはならじと、心に深く刻めばこそ、我々に、平和と繁栄の祖国を作り、与えてくれたのです。(せみ時雨が今もしじまを破る)緑豊かな広島の街路に、私たちは、その最も美しい達成を見出さずにはいられません。(中略)広島のみたまを悼む朝、私は、これら責務に、倍旧(旧倍)の努力を傾けていくことをお誓いいたします。結びに、いま一度、犠牲になった方々のご冥福を、心よりお祈りします。ご遺族とご存命の被爆者の皆様には、幸多からんことを祈念します。核兵器の惨禍が再現されることのないよう、非核三原則を堅持しつつ、核兵器廃絶に、また世界恒久平和の実現に、力を惜しまぬことをお誓いし、私の挨拶といたします。」

 これを読んでいて、恥ずかしさを感じないだろうか。私は恐怖さえ感じてしまった。

 数日後の長崎でもそうだった。これも昨年度のコピペであると言われたもので、確かに、前半3分の1、後半3分の1は、一字一句違わない。たとえば、「一度ならず、二度までも被爆の辛酸をなめた私たちは、にもかかわらず、苦しみ、悲しみに耐え立ち上がり、祖国を再建し、長崎を、美しい街としてよみがえらせました。」という部分は全く変わらない。あらかじめ用意された原稿があって、安倍さんは一字一句変わらずにしゃべったらしい。

 ときどきテレビに出ると、出演者にどうしても言ってほしい事柄は、スケッチブックにセリフが書かれたカンペというものがあって、カメラに映らないところに出される。指示書である。しかし、カンペ通りに言えるものではない。どうしたって、自分のセリフにするときに、自分なりの言い方に変わってしまう。

 たとえば先のセリフ「苦しみ、悲しみに耐え立ち上がり」は、「苦しみや悲しみに耐えて立ち上がり」というふうに言ってしまいがちだ。「長崎を、美しい街としてよみがえらせました」も、「長崎は美しい町によみがえりました」と言ってしまいそうだ。

 全く変わらなかったということは、この挨拶の下敷きに、文字で書かれた文章があったということであり、それを読み上げるだけだったということなのだ。

 もし、原稿を朗読したのであれば、もっと上手なアナウンサーや俳優にやらせればいいことであって、安倍さんが読む必要は全くない。

総理の言葉は政治行為そのもの

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

金田一秀穂

金田一秀穂(きんだいち・ひでほ) 言語学者

1953年、東京都生まれ。杏林大学外国語学部教授。米国、中国、東南アジア、南米各国で日本語研究と指導に携わる。著書に『新しい日本語の予習法』(角川書店)、『知っていそうで知らない日本語の謎』(日本文芸社)、『金田一家、日本語百年のひみつ』(朝日新書)、『金田一秀穂のおとなの日本語』(海竜社)など。