メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

矛盾、一貫性欠く言動なぜ

精神の解離でなく、学習か

和田秀樹 精神科医、映画監督

拡大第1次安倍内閣の支持率と政権の不祥事
 自民党総裁3選が確実視され、戦後、もっとも長期間政権の座につくとされている安倍晋三首相であるが、発言の一貫性のなさについては、マスメディアも野党も識者も問題にすることは多い。確かに一国の首相の言うことがころころと変わることは大きな問題と言えるだろうし、政治そのものの信頼を揺るがす事態である。

 しかしながら、総裁選を控えているというのに、この言動の一貫性のなさや矛盾についての批判の声は与党自民党からも、ほとんど上がらないし、それ以上に、支持率は低迷しているとはいえ、野党を圧倒し、少なくとも自民党の更なる長期政権は確実と言っていい勢いだ。

 私自身は、かつては海外で精神分析学(これも世間が考えるような他人の心理を分析するものではなく、心の治療法なのだが)を学び、その後も、臨床心理学を学び続けてきて、現在は大学の心理学教官の立場にいるが、言行録から他人の心理を決めつけることが危険なのは十分承知している(なので、最近はテレビでのコメントはなるべく差し控えている)。

 ただ、一方で、日本では(とくに安倍氏のブレーンとされる人において)行動経済学と言って、心理学を勘案して、経済動向を分析する経済学がさっぱり広まらないし、企業経営のブレーンなどにも心理学者が利用されることがほとんどないなど、心理学の軽視に頭を痛めている一人でもある。

 それ以上に、現在の政権の選択肢のなさや不誠実な説明のまま、重要法案が次々と採決される現状に、一国民として非常な不安を感じている。本誌は、ジャーナリストの方々や研究者の方が読者対象ということで、安倍理解の一助となればと思い、原稿を書かせていただくことにした。自説が正しいと主張するつもりはなく、考え方の一つと受け止めていただければ幸いである。

精神医学から考えてみた

 この30年ほどの精神医学の世界のトピックワードに解離という言葉がある。

 もともとはフロイトと同時代人の精神科医ピエール・ジャネが心的外傷(トラウマ)という言葉とセットで生み出した術語である。忌まわしい体験をしたとき、フロイトは無意識の世界にそれを押し込み、原則的に意識に上らないようにする「抑圧」というモデルを提起したが、ジャネは、別の意識の部屋のようなものに、その記憶を押しやる「解離」というモデルを提唱した。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


関連記事

筆者

和田秀樹

和田秀樹(わだ・ひでき) 精神科医、映画監督

1960年、大阪府生まれ。東京大学医学部卒。同大医学部付属病院精神神経科助手、米カール・メニンガー精神医学校国際フェローなどを経て、国際医療福祉大教授。『感情的にならない本』(新講社ワイド新書)、『「おめでたい人」の思考は現実化する』(小学館新書)、『受験学力』(集英社新書)など著書多数。