メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

取材して取材して、そしてヒント

ドキュメンタリーで歴史を検証

小口拓朗 NHKディレクター(大型企画開発センター)

 あるプロデューサーは、番組の制作が行き詰まってくると、こんな言葉を掛けてくれます。「せっかくディレクターという、みんなが憧れ、やってみたいなという仕事に幸運にも就くことができたわけですから、どんどん新しいことにチャレンジしよう」。ああ本当にそうだな、と思って番組に向き合うのですが、私がNHKに入ったのは、16年前です。果たして今はどうなんでしょうか、テレビのディレクターって……。できるだけ等身大にこの仕事について描いてみたいと思います。

「企画」と格闘の日々

 ディレクターは番組ごとに存在します。ドラマやエンターテインメント、スポーツなど、さまざまなジャンルがありますが、私は、主に「クローズアップ現代+」や「NHKスペシャル」といった報道番組を担当してきました。日々のニュースを入り口にして、政治や国際情勢、事件・事故などを題材に番組を作ります。NHKの外から見れば、紛れもなく「テレビジャーナリズム」の分野ですが、私の周りでは、自らを「ジャーナリスト」と名乗る人はあまりいませんでした。どちらかというと、「テレビマン」とか「テレビ屋」と自称する先輩ディレクターがいましたが、その本意は、メディアに携わる以上、「ジャーナリスト」は当然の責務であり、それ以上に「表現者」としてテレビの可能性を広げたいという思いが強かったのかもしれません。しかし、民主主義の根幹が揺るぎかねない事態が頻発する昨今は、多くのディレクターが「ジャーナリスト」の使命をより強く意識しています。

 ディレクターは、ディレクターであり続ける限り、番組の企画を書き続けます。企画を採択し、番組を統括するプロデューサーからは、「なぜいまその企画を放送するのか?」「その企画の新しさは何か?」という二つのことが問われます。この二つは、長尺の調査報道でも、ヒューマンドキュメンタリーでも、番組の形式に限らず、同じように問われます。

 番組を制作するときに基本となるのは、取材です。一次資料や新証言を求めて、飛び回ります。その発掘や出会いが企画のタイミングや新しさに繋(つな)がり、採択のハードルを越えることが多いです。

 いざ取材に出ると相手からは、よく「記者」に間違われます。実際に、取材は「記者」に同行してもらったり、「記者」と分担したりすることがあるため、取材相手からすれば、ディレクターと「記者」の見分けはつかないかもしれません。「記者」は取材から原稿を書き、ニュースを出します。ディレクターは、取材から番組の構成を立て、カメラマンとともに、誰をどのように撮影するのかを判断し、編集マンと一緒に、映像をどのような順番で切り取るかを設計します。

 こうやって書くと、ディレクターは常に俯瞰(ふかん)に立って、番組の着地点を見定めているように見えますが、それは理想像であって、私の場合は、取材した際の状況や先入観にとらわれ、着地点どころか現在地も見失います。しかし、ゴールを誰かに決めてもらうことはありません。番組の構成も撮り方にもマニュアルはありません。取材して取材して取材して、取材の中からヒントを見つけて、一つ一つ構築していきます。意識するのは、この取材対象から何を感じたのか、ということです。何も思いつかないときは、感性のなさを嘆くのではなく、取材によるファクトが足りないからだと考えます。特段、プロデューサーから「一にも二にも取材だ!」とたたき込まれることはなかったのですが、番組づくりのピンチを救ってくれたのは、いつも取材でした。クリエーティブな引き出しが空っぽでも、取材で得たことは、カメラマンも編集マンもプロデューサーも必ず耳を傾けてくれました。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


関連記事

筆者

小口拓朗

小口拓朗(おぐち・たくろう) NHKディレクター(大型企画開発センター)

2002年入局。クローズアップ現代+「独占告白 野球賭博」「密着ルポ わたしたちと憲法」、NHKスペシャル「"トランプ大統領"の衝撃」「ボブ・ディラン ノーベル賞詩人 魔法の言葉」「日本国憲法 70年の潮流」「戦慄の記録 インパール」「オウム 獄中の告白」「未解決事件File.07 警察庁長官狙撃事件」などを制作。