メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

同時多発の土石流が山裾の家々襲う

息の長い報道で「早めの避難」浸透へ

佐田尾信作 中国新聞社論説主幹

 広島東洋カープの優勝マジックが4に近づいていた9月16日の午後。広島市平和記念公園に臨む中国新聞社の社内では「安全を考える集い」が営まれ、西日本豪雨の犠牲者とともに一人の記者を悼んで私たちは黙とうをささげた。

 その記者、27歳だった松田高志は、北広島支局(広島市安佐北区=当時)に勤務していた2006年9月16日夜、台風13号による集中豪雨災害を取材中、行方が分からなくなった。現場は同区の鈴張という山あい。乗っていた車ごと川に流されたとみられ、警察、消防に加え、地元住民や私たちも広い範囲で捜索を続けた。その結果、車の部品や運転免許証などが回収されたが、残念ながら彼を発見することはできなかった。

 3年後の特別失踪宣告の確定に当たり、当時の社長川本一之は「前途有望な若い記者を失ったことは痛恨の極みであり、ご親族に心からお悔やみ申し上げます」とコメントし、関係機関や地域の人たちの捜索への尽力に感謝の意を示した。そして「松田記者の遺志を継ぎ、災害報道をはじめとした地域報道にいっそう力を入れて参ります」と結んだ。

 筆者も太田川下流の河川敷での捜索に参加した。百万都市の要である広島デルタ(三角州)を形づくった母なる川だ。何の手がかりも見つけられなかった。だが、当時新調した長靴を今もマイカーに積み、今回の豪雨の取材でも使っている。

 彼の死を無駄にはしない、わが身の安全も図りながら取材することは恥ずかしいことではない。これが本紙の今の災害取材の基本的なスタンスである。

土砂災害のピークは2回

 今年7月の西日本豪雨の特徴はまず、土石流と崖崩れを主とする土砂災害だろう。それによる犠牲者87人を出した広島県内の7市2町の主な被災28地区について、土砂災害が発生した推定日時を県がまとめた。それは6日午後4時半ごろから7日午前8時20分ごろまでの約16時間に集中している。ピークは大きく分けて6日夜と7日未明の2回だった。

 6日夜の雨で主に広島都市圏東部や呉市の一部の斜面がまず崩れ、県中央部から東部は7日未明の雨で持ちこたえられなくなったというのが、県砂防課の見方だ。犠牲者数は広島、呉両市がそれぞれ20人で最も多く、そのほかに坂町、熊野町、東広島市、三原市、竹原市、尾道市、府中市の順に確認されている。

 推定した発生日時は、広島市南区丹那町で1人が亡くなった崖崩れが最も早く、6日午後4時半ごろ。最後は1人が死亡した尾道市防地町での土石流で、7日午前8時20分ごろである。

 最初のピークは6日夜。広島市安芸区矢野東7丁目を土石流が襲った7時20分ごろから、10時20分ごろまでの3時間に、全体の6割の17地区が被災した。15人が犠牲となった坂町小屋浦3、4丁目、呉市天応西条3丁目など、広島都市圏東部や呉市北部で次々と土石流が起きた。

 2度目は7日午前0時台からの5時間で、4分の1の7地区で被害が出た。0時50分ごろの三原市木原6丁目をはじめ、7日午前5時台には呉市、東広島市のそれぞれ3地区が土石流などに見舞われた。細かく数字や地名を書き込んだが、それほど広範囲に、しかも長く異常な事態が続いたということである。

拡大紙面1 2018年9月7日付中国新聞朝刊
 本紙は9月に入って広島県内5つの被災現場について「その時」を再現するグラフィック中心の連載を始めた(紙面1)。記者が集めた証言などを基にして航空写真に避難する人たちの動線を重ねたのだが、何気ない日常が突如、暗転している。

 例えば広島市安芸区矢野地区。県道矢野安浦線沿いを通行していた車を土石流の第1波が襲い、脱出した10人が一団となって徒歩で避難する。第2波の土石流が火花を散らせて電柱をなぎ倒すのを見た後、全員が第3波の土石流にのみこまれ、そこで生死が分かれた。この間、わずか40分の出来事だったのだ。

 西日本豪雨取材班のキャップ、久保田剛は4年前の広島土砂災害でも、安佐南臨時支局に詰めていた。ここまでの取材を振り返って「4年前と違って同時多発で現場があまりにも多く、すぐにはたどり着けなかった。不確定な情報にも振り回された」と言う。

 とはいえ取材は安全第一を旨とし、複数で動く。無理に夜の現場に近づく指示は出さなかった。

 そしてもう一つ、気を使ったことは犠牲者の遺族への配慮である。できるだけ同じ遺族を、同じ記者が担当するようにした。担当記者が替わっても情報を共有できるようにし、一から話を聞くことがないようにしたという。広島土砂災害の取材経験が十分に生かされた点だろう。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


関連記事

筆者

佐田尾信作

佐田尾信作(さたお・しんさく) 中国新聞社論説主幹

1957年、島根県出雲市生まれ。80年、大阪市立大学文学部卒。同年から中国新聞社記者。編集委員、文化部長、論説副主幹を経て2015年から論説主幹。著書に『宮本常一という世界』『風の人 宮本常一』。編著に『われ、決起せず―聞書・カウラ捕虜暴動とハンセン病を生き抜いて』など。広島民俗学会常任理事、広島経済同友会常任幹事、日本ペンクラブ会員、日本記者クラブ会員。